スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
ナズマド水中劇場 「キンチャクガニ危機一髪」
2016-12-27 Tue 20:51
20161001_08.jpg
Photo@ Nazumado(Hachijyoujima) -15m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO64 f5.6 1/250

あ~いあむあ~~♪ あんちっ♪くらいすとっ♪

やっとクリスマスが終わったぜ~!



20161001_09.jpg

はっ!見つかったか!

脱皮したばかりの、おニューのシマシマタイツが目立ってしまったのかっ!



20161001_10.jpg

おのれ!きさま!さてはこの腹の卵を狙っているなっ!

よし!かくなる上は!



20161001_11.jpg

ゆ~ら、ゆ~ら....。


20161001_12.jpg

ゆ~ら、ゆ~ら....。


20161001_13.jpg

はぁ~~~~~~~~~~!(ぷるぷるぷるぷる)




20161001_14.jpg


どーん!





ビカ!ビカ!ビカ!ビカ~!


・・・・・


・・・・・


20161001_15.jpg

ふう...。

今日もうまく逃げ出せたぜ。(ニヤニヤ)
スポンサーサイト
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コクハンアラyg
2016-12-21 Wed 00:59
20161001_07.jpg
Photo@ Nazumado(Hachijyoujima) -15m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

コクハンアラygです。
成魚は沖縄やモルジブで撮ったことがありますが、幼魚は初めて撮りました。

幼魚は八丈でもごく稀に見られるそうです。

そして、こいつの警戒心は最高レベルでした。^^;

ガイドの加藤さんのライトに、こいつが浮かび上がるのを見てテンションが上がり、加藤さんが振り向くより早く前に回りこんで撮ったのですが、すぐに岩穴に入ってしまい、2ショットしか撮らせてもらえませんでした。OTL

リベンジしたいですが、こういうのはまさに一期一会ですね。
もう探しても見れないでしょう。

まあ、今回は証拠写真でも撮れてよかったです。

別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月の八丈島 ライトトラップ編 ルリホシスズメダイ稚魚
2016-12-18 Sun 01:43
20161001_05.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

「生物に貴賤無し」が座右の銘で、爬虫両生類は基より、人に害虫と嫌われる虫たちや、気味が悪いと嫌われる寄生虫に対しても、モンガラカワハギやハナダイと変わらぬ愛情で接していきたいと常々思う俺ですが、それでも可愛らしい生物には心ときめきます。笑

スズメダイの仲間の稚魚は、これまでも八丈島で何種か撮影できていますが、その中でもこのコバルトブルーの斑点を持つルリホシスズメダイは別格の可愛らしさです。

こんなご褒美はありません。

あれ、でも八丈でまだ成魚を撮ってないぞ。笑

20161001_06.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

シャッターを押した瞬間に、この子が向きを変えたので、偶然にも斑点が玉ボケになってくれました。

この写真は結構気に入ってます。^^

これで今年の八丈島のライトトラップ「HOTけNIGHT」の写真はおしまいです。
来年はもっと何か撮れるかな?
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月の八丈島 ライトトラップ編 ベラ科の一種だと思う レインボー!
2016-12-15 Thu 03:41
20161001_04.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

昼間の海の様子からすると、ベラ科の魚はもっとライトトラップに出てきてもいいんじゃないかなと思います。
でも実際の遭遇率は少ないです。

ライトトラップで出てくる生物の中でも、稚魚は走るので撮影難度は最高クラスです。

よくレプトセファルスの丸まった写真が浮遊系の写真として紹介されてますが、実際ライトトラップをやってみれば、あれは故意かダイビング技術が未熟かでレプトに刺激を与えて警戒態勢にし、動かなくなったところを撮っていたんだなってのが解ります。

そして形が地味なベラ科の稚魚は、苦労する割には撮っても注目されないので、ライトトラップでもいまいち人気がありません。

皮肉ですね。
ベラやブダイは成魚も一部のマニア以外には注目されてません。
これがサガなのか。笑

20161001_03.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

というわけで、普通に撮った後、レインボーを狙ってみました。笑

透明な魚に上手く光を当てると、プリズム効果で体が虹色に光ります。

しかし動く被写体でこれを成功させるのは非常に難しいので、今回は偶然だと言っておきます。
だって、もう一回やれって言われてもできないから。~~;
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10月の八丈島 ライトトラップ編 アカハチハゼの稚魚?幼魚?
2016-12-12 Mon 05:46
20161001_02.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 01.Oct.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 f8 1/250

10月のライトトラップ編に移ります。

10月は二日間潜ったのですが、初日は海況不良でライトトラップは断念。

暇になってしまいました。笑

こんな時はアレです。
こんな機会もなかなかないので、ガイドのしょうたちゃんとさし飲みしてました。

そして二日目。
まず最初に目に飛び込んできたのは、アカハチハゼと見られる稚魚。

ハゼの仲間は今までのライトトラップでも少なからず観察できてますが、アカハチハゼは初めてでした。
大きさは正確に覚えてないのですが、1cm以上あったと思います。

既に体色は透明ではなく、頭は黄色く、眼の下に薄い青色斜帯が入ってますので、今まで紹介した稚魚のステージではないかもしれません。また、アカハチハゼのナイトカラーを見たことがないので、この斜帯の青の薄さが稚魚の特徴なのか、夜間の特徴なのかも今のところ判断できません。

夜のアカハチハゼの写真をお持ちの方がいらっしゃったら、見せていただくとうれしいです。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| マメマクラの記憶2 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。