スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
ミズヒキガニのメガロパ幼生 着底直後
2017-03-14 Tue 23:58
20170226_03.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -8m 26.feb.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED + INON UCL-165 : ISO200 f9.0 1/125

ニゴニゴの大瀬の湾内。

どうしようかな~と思ってウロウロしてたら、体長5mm程のミズヒキガニのメガロパ幼生が目の前に漂ってきました。
ラッキーちゃん♪

そのままパシパシ撮っていると、あらら、着底してしまいました。
「ほ、お前はここでいいのかい?」と思いつつ、なおもパシパシ撮っていたところ、なんと成体のように、第四歩脚でゴミを持ち上げ威嚇してきたので驚きました。

ここで念の為の補足です。
ミズヒキガニの成体は、第四歩脚でゴミや海藻の切れっぱし、ガヤなどを持って威嚇してくる行動をします。

20170226_04.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -8m 26.feb.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED + INON UCL-165 : ISO200 f9.0 1/125

しっかり第四歩脚でゴミを持ち上げてます。

20170226_05.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -8m 26.feb.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED + INON UCL-165 : ISO200 f9.0 1/125

着底直後で、いまだメガロパ幼生の特徴を多く残してる形態で、成体と同じく第四歩脚を使って威嚇してくるなんて。

いったい誰に教わったんでしょうね?
すごいわ~♪

この行動は、水中写真家の吉野雄輔さん、H.Sさんに教えてもらいました。
ありがとうございました。^^
スポンサーサイト
別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハクセンエビ 大瀬崎
2017-02-28 Tue 23:29
20170226_01.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -23m 26.feb.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED + INON UCL-165 : ISO200 f3.2 1/160

大阪に上方水中映像祭を見にいったりしてたので、まるまる二週間ぶりの海でした。

大瀬崎湾内の、比較的浅い場所出たハクセンエビですが、切れていた触角が伸びてきたらしいので撮りに行ってきました。
張り切って12リットルタンクを背負って入ったのですが、浮遊物が多く、手を伸ばすと指の先が見えないくらいの透視度で、これは写真にならないと断念。泣

しかーし!偶然にも漂っているミズヒキガニのメガロパ幼生を発見!
しばらく観察していると着底して、驚くことに、すぐに第4歩脚でゴミを振り上げました!
この行動は大人のミズヒキガニと同じです。

未だ体長8mm程度のメガロパ幼生の状態で、成体と同じ行動をするとは驚きでした。
誰に教わるんでしょうね!

しかし、そんなことをサービスに戻って興奮気味に誰かに言ったところで、「メガロパってなに?」と冷たく言われるのが落ちです。
なので、一人でカレーうどんをすすりながら、興奮とうどんを噛締めてました。笑

二本目。
一本目の透明度が最低だったので、もう一本で帰ろうかとも思ったのですが、せっかく来たので二本は潜ろうとエントリー。
しかし浅場でフィンを履いているところでもにごにごです。--;

「はあ」とため息をつきながらエントリーし、ニゴニゴをかき分けてゴロタの下まで行くと、綺麗に抜けてました。
あれっと思って水面を見上げると、水面付近が雲のように濁ってます。
満潮になり、下からきれいな水が上がってきて、濁りを上に押し上げてくれたみたいです。^^

透視度が10mくらいに回復したので、ハクセンエビを撮りに行くことにしました。わーい!

さて、思ったよりでかい個体で、スナイソから離れてずんずん前に出てくるので、撮りやすいです。
もっと髭が伸びるまでいてくれないかな~。

20170226_02.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -23m 26.feb.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED + INON UCL-165 : ISO200 f8 1/200

横向きからも撮ってみました。

実は二枚とも現像してみたら、思った様に撮れてなかったので、また行ってきます。
なんといっても-23mはお得な水深です~。

調べてみたら、2009年の井田で撮ったのが最後でした。
この時は-34mとこのエビにしては普通の水深でした。
別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ビンだこ 大瀬崎
2017-01-26 Thu 01:49
20170122_02.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -8m 22.Jan.2017
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 200 18mm f10 1/100

透明なガラスビンの中にスナダコかな?が入ってました。

しかし、どうせ隠れるなら、もっと色のついたビンに入ればよかったのにね。わはは。

年末に写真家の阿部さんと話した時に、「D810は絞っても大丈夫だよ」という話になり、「ほんとかな~」と、それ以来、絞ることを試してます。


別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サビたま 大瀬崎
2017-01-24 Tue 23:01
20170122_01.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -8m 22.Jan.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 200 f16 1/125

先週末は西浦の貝殻亭で、恒例のダイバー仲間の新年会でした。
楽しく飲んだ翌日は、まじめに大瀬で潜ってきましたよ。笑

この日は西風が強く、湾内もうさぴょんが盛大に跳んでいましたが、海中は青く、気持ちよく三本潜ってきました。

写真は太郎さんに情報をもらった、卵を守るサビハゼです。
いつもは撮らないサビハゼも、この時期だけは撮ります。

卵とサビハゼのバランスが難しく、いつも悩むのですが、今回は正面に近いカットを選びました。
真正面もいいかもしれませんね。
今度狙ってみよう。
なかなか思った位置に動いてくれませんが。^^;

水温は15℃。
近くにはヤリイカの卵も。

今年も無事、ヤリたま、サビたまの季節がやってきたのでした。^^


別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
潜り初めの大瀬崎 ツノザヤウミウシ
2017-01-06 Fri 17:47
20170104_01.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -18m 4.Jan.2017
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 400 f3.3 1/250

潜り初めは、やはり大瀬崎。

天気良し!海況良し!暖かい!と、絶好のダイビング日和でしたが、いろいろやらかしました。~~;

まず一本目。
空いてるのにわざわざ転がりの悪い台車を選んでしまい、押すのにフーフー言いながら、やっとの思いで先端へ。

BCを背負い、さあ海へ!というタイミングでマスクが無いことに気が付く...。
しかもそんなかっこ悪い姿をK氏に見られる。^^;

しかし、地獄に仏とはこのこと。
通りすがりのR氏にマスクを借りれました。

ギリギリセーフ!笑

セカンドを咥えてエントリーすると、エアを吸う度に海水がガバガバ入ってくる。--;
仕方がないのでオクトを咥えて潜行。

ギリギリセーフ!笑

さて、目的の場所にたどり着き、ストロボの位置を整え、パシッと一枚撮ったらストロボが光らない....。--;
いろいろ試しましたが、どうやらストロボの不調ではなく、カメラに装着した光コンバーターが光っていない模様。
がーん。
こうなると、上がってハウジングを開けなければいけません。

アウトー!(ToT)(ToT)(ToT)

というわけで2017年の一本目は、今シーズンから導入したソフトラジアルのドライの中に、ウイーズルのエクストリームを着た場合の、ウエイト量調節のための一本となりました。笑

おまけに二本目から帰ってきたら、アンクル片方落としてるし...。

まあ、ほとんど自分の不注意のせいなんですが、ドタバタとした初潜りとなりました。
その後、すべて対策をとったので、次回は万全の態勢で臨みたいと思います。(キリリッ)

写真は、5mmほどのツノザヤウミウシの幼体です。
周りのコケムシがきれいだったので、久々にウミウシを撮りました。
冬のイメージで絞りを変えて何カットか撮ったのですが、ブログには一番開けた写真を載せてみました。

別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| マメマクラの記憶2 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。