-7,703mのぷにょぷにょ
2008-10-11 Sat 15:47
20080601_11.jpg
Photo@Futone (Futo) -10m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f8

記事はこちら

動画はこちら

ぽにょぽにょではありません。
水深-7,703mで撮影されたカサゴの仲間だそうです。
カサゴって言われてもピンときませんけど、クサウオ科ってカサゴ目なんですね。
ちなみに同じクサウオ科のサケビクニンなら、生体を油壷マリンパークで見れます。

こんな水深には行けません。
明日はもっと浅い海に潜ってきます~。
別窓 | 浮島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ヒラミルミドリガイ
2008-06-07 Sat 01:41
20080202_12.jpg
Photo@Futo -?m 2.Feb.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

最初ゴミだと思いました。
sealionさんはミルの切れっぱしを指さして何やってるんだろうと。
こんな浅い水深で窒素よいですか?
しかしよく見るとこの子でした。
わはは。

初めて見ましたが、まわりのミルと全く同じ質感。
(ミルというのはまわりに生えてる海藻)
黄色い点々まである。
これでいてミルを食っているらしい。
ミルに住みミルを食う...。

しかしどっから来るんだろう?
今年初記録だったらしくて、DSの社長が喜んでた。

あ、これも和名が「なんとかウミウシ」じゃないや。
まあいいか。

さて、今週はジャパンオープンが開催されていたので辰巳に行けなかった。
レースの結果をニュースで見ましたけど、最後はとうとう選手の本音がでましたね。
決勝10種目中5種目で日本新記録。
日本記録を更新したのはいずれも、話題のスピード社のレーザー・レーサー(競泳用水着)を着用した選手でした。
選手の皆さん、予選ではスポンサーの水着でしたが、決勝は我慢できなかったんでしょうね。
オリンピック前に公式戦で試せる最後のチャンスだったのかな?
やっぱり着てみたいよね~。
「泳ぐのは僕だ」と、この騒動に抗議するTシャツを着た北島選手も、決勝でレーザー・レーサーを着用。
自身の日本記録を更新。

悩ましいなぁ。
この水着、今のところオリンピックでは使えないんですよ。
ミズノの開発担当者も大変だ...。

この水着、「強い締め付け力で水の抵抗の原因となる筋肉の出っ張りを抑えるのが特徴」だそうです。
筋肉の出っ張りまで許さないなんてすごい世界だ。
別窓 | 浮島 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
クロヘリアメフラシ
2008-06-06 Fri 00:18
20080202_10.jpg
Photo@Futo -5m 2.Feb.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f10

ウミウシの写真を載せなさいよ。あるでしょ?
というご意見を頂きましたので、タオの写真を中断して、しばらくウミウシワールドを展開します。

撮った順番に、まずはクロヘリアメフラシ。
よく見ると派手さはないけど黒い縁取りがおしゃれ。

この時の浮島のビーチにはこの子たちがいっぱい。
砂地にも、海藻の上にも、岩の上にも...30cm四方に3匹はいるって感じでした。
面白いのはたまに上から落ちてきたりして。
どこにいたんだろう?

この写真の方々はこんがらがって大変な状況のようでした。
さて、何匹みえますか?
俺にもわかりません。
わはは。

さて、話は変わりますが、ガソリン高いっすね。
170円超えるなんて誰も予測してなかったでしょ。
国内の主要な漁業団体が、漁船の燃料費高騰を理由に、夏に一斉に休漁することを検討してるんだって。
魚が食えなくなる~。
フランスでは頭にきた漁師がドーバー海峡の一般船舶の航行を妨害だって。
怒りの矛先が間違っているけど、気持はわかるなぁ。
みんなやりきれない気持ちをどこにぶつけていいのかわからないんだ。
誰が何をやってこうなってしまっているのかを、マスコミはきちんと報道するべきだと思う。
そろそろ、値を釣り上げて儲けてるやつらを引きずり出さないと。
別窓 | 浮島 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
フト根のソフトコーラル
2008-06-04 Wed 20:58
20080601_07.jpg
Photo@Futone (Futo) -15m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f9

浮島のフト根、2本目続き。
伊豆のボートポイントは久しぶりだったけど、やっぱりソフトコーラルがきれーだなぁ~。
ガイド氏によると、一枚目の場所はプロの写真家さんがよく撮影されるポイントだそうで、
上がってから「やっぱりここを撮るんですね」と言われた。
きれーだなぁと思って、撮っては見たけど。
ちゃん撮れてるかは別。
最初はキンギョハナダイが群れていたのに、アングルを変えて撮っているうちにいなくなってしまった。
このモタモタ感が素人なんだな、きっと。
プロの写真を見てみたいなぁ。
まったく違う景色になってるんだろうな~。

20080601_02.jpg
Photo@Futone (Futo) -15m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f7.1

こちらはウミウチワとマツバスズメダイ。
うねりで大きく揺れていたので、目一杯開いたところを狙ってパチリ。

今回初めてのデジイチでフィッシュアイだったので、感想を少し。
最初はなかなか距離感がつかめなくて苦労した。
今まで使っていたコンデジのワイコンよりも、もっと寄らないといけなくて、あれ?あれ?って戸惑ってしまった。
前々回のクマノミのサンゴイソギンチャクなんて触手がポートに付きそうな距離だし。
前回のマダイが写っているときのイサキは手を伸ばせば触れそうな距離なんですよ。
思ったより遠くに写ってしまうみたい。
早くこの感覚になれないとね。
結構浮遊物が多かったんだけど、写りこみが少ない。
これも寄って撮ったからだと思う。

あと、このレンズ、フィッシュアイだけに陸上で使うとほんとに歪む。
陸上の試写はこちら
しかし今回、水中ではそんなに感じなかった。
とても不思議。
なんだか肉眼で見たまんまなんだよね。
なんでだろう?
水と空気の屈折率の違いなのかな?

ワイドに目覚めちゃったよ~!楽しい!
伊豆のボートポイント見直しました。
伊東とか熱海とか、このレンズ持ってまた行こうかな~。
神子元にも持って行きたいけど....。
割っちゃうかな?
うーむ。

いろいろと課題は残りましたが、ドームポートの扱いにも慣れ、撮り方の感覚も掴め、今回はいい練習になりました。
この日、本来行くつもりだった富戸は半分クローズ、お隣の海洋公園もクローズ。
結果的に浮島に来て大正解だった。
sealionさんに感謝!!
別窓 | 浮島 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
イサキygの群
2008-06-03 Tue 23:45
20080601_03.jpg
Photo@Futone (Futo) -10m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/60sec f8

海から上がって休んでいたら、日がさしてきて夏のようでした。
海パンでウロウロしていたら、日焼けしてしまった。
今、ギザカユイス。(いわね~。)

さて2本目はフト根。
ボートに乗ってみると、多少うねりが出てきてるようだった。
しかし入ってみると透視度はまあまああるし、日もさして明るいし、ソフトコーラルはきれい。
こりゃあやっとワイドっぽく撮れるぞと、きれいなソフトコーラルをパシパシ撮っていると、なんと群が出てきた。

20080601_05.jpg
Photo@Futone (Futo) -10m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f7.1

イサキyg、タカベyg、ジンタとそれぞれのでかい群が根の周りをぐるぐる回っている。
ここは神子元かい?ってくらいすごい。
夢中になって撮っているうちにまかれたりもした。
う~ん、幸せ。

20080601_06.jpg
Photo@Futone (Futo) -10m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f8

イサキygを狙って、でかいマダイが突っ込んできた。
でも、食うには大きすぎないかい?

イサキyg群
タカベyg群
ジンタ(マアジyg)群
イスズミ群
マダイ
アオリイカ
サクラダイ
キンギョハナダイ
シラコダイ

Max : 26.5m
Temp : 19℃
DiveTime : 39min

20080601_04.jpg
Photo@Futone (Futo) -10m 1.May.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye : 1/30sec f7.1
別窓 | 浮島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| マメマクラの記憶2 | NEXT