錦江湾二本目 サクランボウ(俗称)
2013-08-29 Thu 00:57
20130713_07.jpg
Photo@Kinkouwan -20m 13.Jul.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

錦江湾初心者が先ず撮らないといけない種がこの「サクランボウ(俗称)」。
ネジリンボウの錦江湾バージョンです。

ネジリンボウより第一背鰭が長く、大型。
体色は全体的に赤っぽく、頭部も黄色ではなくオレンジ色。
ヒレの色も赤みが強くネジリンボウとは全然違うなと感じました。
まあ、体色で判断するなって話もありますが。

20130713_08.jpg
Photo@Kinkouwan -20m 13.Jul.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f13

Max : 9.6m
Temp : 29.7℃
DiveTime : 90min

透視度1mあるか~って感じのドロドロの環境で探してもらいました。
周りは釣り糸だらけ。
いつの間にか絡まる釣り糸を切りながらのダイビング。

グリートの福田さん、色々わがまま聞いてくれてありがとう。
またよろしくお願いします~。^^
別窓 | 錦江湾 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
錦江湾一本目 アカオビハナダイ♂
2013-08-26 Mon 23:17
20130713_01.jpg
Photo@Kinkouwan -20m 13.Jul.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

アクアスの加藤ちゃんに宿毛まで送ってもらい、フェリーで大分県の佐伯市へ。
佐伯からJRで宮崎入りしました。

宮崎空港でレンタカーを借り、まずは明日のダイビングの打ち合わせのためグリートダイバーズへ。
と言うのもこの時、台風が九州に接近中。
すでに柏島でも影響が出ていたので、このままだと宮崎で潜るのは厳しいと思い、グリートの福田さんに「錦江湾に行きましょうよ~」とごり押しする必要があったのでした。笑

最終的にやさしい福田さんが「行きましょう!」と言ってくれたので、初の錦江湾へ行けることになりました♪

錦江湾といえば、まずはあの魚です。
緑色のニゴニゴの海、イソギンチャク畑を進んでいくと、-20mでアカオビハナダイの群れが現れました。
浅い!

普通この深度の優先種はキンギョハナダイなんだけど、ここには一匹もいませんでした。
やはり閉塞された特殊な海なんだな~。

20130713_02.jpg
Photo@Kinkouwan -20m 13.Jul.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

めちゃめちゃ寄れます。
いや、逆にカメラに向かってフラッシングしてくるので、引き気味で撮らないとフレームアウトしてしまいます。笑

20130713_03.jpg
Photo@Kinkouwan -20m 13.Jul.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

アカオビハナダイの群れ
ウミシダヤドリエビ
オキナワベニハゼ
ヨコスジイシモチ
クマノミ

アカオビハナダイの♂は大瀬の先端にもいるんだけど、いやいや、本場の迫力を感じました。

Max : 22.1m
Temp : 23.6℃
DiveTime : 66min
別窓 | 錦江湾 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |