異形の者 タコのパララーバ 地球外生命体の子孫なのか? 
2017-02-16 Thu 02:39
20160415_13.jpg
Photo@Ngerchong Outside(Palau) -5m 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒

1cmほどのタコの幼生の写真です。

イカ、タコ類の軟体動物はこれといった幼生器官を持たないので、ラーバ(幼生)ではなく、パララーバと呼ばれます。
つまり生まれた時から親と同じ形態をしてるんですね。

で、今日、興味深い記事を読みました。

なんと、タコのDNAを調べたら、地球上のほかの生物と根本的に異なることを発見したそうです。

https://jp.sputniknews.com/science/201702143337545/

でも、実は、宇宙レベルで生物分散が行われてるって考えると、普通にありえる話なんだなと、勝手に納得しました。

あ、生意気言ってすいません。

別窓 | パラオ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
異形の者 ハナギンチャク科のアラクナクチス幼生
2017-02-04 Sat 06:30
20160415_12.jpg
Photo@Ngerchong Outside(Palau) -5m 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒

写真展に出すことになったので、ブログに出さなかった写真。

ハナギンチャクも浮遊してます。

ハナギンチャク類は砂地に穴を掘って生活しています。
岩に付着するイソギンチャク類とは違う種類です。

さて、最近、はやりのライトトラップですが、出てきた異形の者を、ただ撮って終わるのではなく、それが何者なのか?なぜ今ここにいるのか?等々、興味を持って調べるともっと楽しめるのになと思うきんすけなのでした。
別窓 | パラオ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
龍馬 ミッドナイトダイブクルーズ Day3
2016-04-28 Thu 02:40
2016.04.15 この日は少し風が出て雨もちらつきました。

午前中にニタリが出たと情報が。

ちょっとやな感じです。

ここパラオでは知らないですが、今までの経験だとニタリは低水温と濁りと共にやってくるのが常。

20160415_01.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -20 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f5.0 1/100秒

この日も日中はブルーコーナーに二本。
心配してたように濁りが出てました。

でもまだまだ飽きないですね~。
この日は群れがすごかった。

20160415_02.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -20 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f5.6 1/100秒

ウエットすら着てない軽装なので、体が軽いです。
根待ちなんかせず、ブルーコーナーを縦横無尽に泳ぎまくって写真を撮ります。笑

さて、日中のダイビングのスケジュールはこれで終了。
残りはミッドナイトのみです。

夕食時に「きっと昨日より今日の方が月が高いよね、今日も昨日と同じ21時に入るの?」とぢろーさんに聞くと、ちょっと考え込むご様子。その後秋野さんとひそひそ話。

で、決定された時間は。

20160415_05.jpg

やるな~。笑
いや、正直ここまでやってくれるとは思いませんでした。
決まったスケジュール通りにこなすのが普通で、ゲストもそれに文句は言わないはずです。
でもこの人たちは違う。

一番いい時間帯に海に入ることだけ考えてる。

またそれを実行できるのがすごい。
クルーは我々の帰りを迎えてくれるわけですよ。
しかも最終日だから機材も洗ってくれる時間も必要。
感謝です。

でも正直疲れはピークで体もバッキバキ、寝不足から耳が抜けず、日中もだましだまし潜ってたので、このインターバルはうれしかった。ミッドナイトをやらないゲストたちがラウンジで「お疲れ様でした!乾杯!」と楽しく飲んでいる声を聞きながら、3時間ほど仮眠を取れました。

この日のミッドナイトはゲロンアウトサイド。
数日前に世界で3例目のムラサキダコのオスが撮影されたポイントです。

20160415_03.jpg
Photo@Ngerchong Outside(Palau) -5m 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒
ダルマカレイygかな?
前日にも出てたんだけど、やっとまともに撮れた。

20160415_04.jpg
Photo@Ngerchong Outside(Palau) -5m 15.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒
こちらは深海性のエソの仲間の稚魚。
この日は多かったです。

見たこともないクラゲがいっぱい出たんだけど、翌日はさすがにログ付の時間がなかった。
これは峯水さんの図鑑で調べよっと。

前日までは峯水さんやぢろーさん、秋野さんが何か見つけたら呼んでくれたのですが、この日はそれが皆無の本気撮り。
なんだ、自分たちがこの時間に入りたかったんじゃん。笑
まあ、いいけど。^^

この日のミッドナイトは風が強くてボートが揺れたので、ゲストの皆さんはグロッキー気味。
俺も酔いたくないので、水面休息時間をできるだけカットして、できるだけ海中にいました。

最終エキジットの時間しか決められていないミッドナイトダイブでは、自由な分、安全に潜るための自己管理能力が必要なのです。

20160415_06.jpg
で、上がってくると当然こんな時間になりますよね。
通常のダイビングのゲストは6時に一本入って8時に朝食ですから、この時間は既にスタッフが準備を始めています。

そんな中で宴も盛り上がり、秋野さんが朝食を作ってるシェフにつまみを要求。

怒られるからやめとけ!
と言いつつ目玉焼きとかハムの焼いたのが食いたい。
と言ってる俺。笑

ごめんなさい。でもこの背徳感が癖になりそう。うふふ。

20160415_09.jpg
自分でもよく起きれたなと思いつつ、お昼ご飯を頂きます。
そして龍馬はコロールへ。

20160415_10.jpg
コロールまでは船首のウッドデッキに寝転んでました。
気が付くとクルーが龍馬をブイにつなぐ用意をしていました。

20160415_07.jpg
今回お世話になったライト達です。
峯水さんはこれをもって今夜は小笠原か~。
うらやましい。

20160415_08.jpg
そして、龍馬を去る時がやってきました。

よし、頑張ってまた来よう。
次は龍馬でミッドナイトやった後、魚治でマクロ三昧だ。

20160415_11.jpg
龍馬のシェフ、鬼軍曹のりこさん。
こんなことをしてはいけません。笑

Max : -20.3m
Temp : 28.3℃
DiveTime : 50min

Max : -25.1m
Temp : 28.7℃
DiveTime : 54min

Max : -21.2m
Temp : 29.5℃
DiveTime : 96min

Max : -16.2m
Temp : 28.8℃
DiveTime : 100min

え~、Day1をブログに掲載したら、いつもお世話になってる話題の溝口の沖縄料理店「菜酒家FU-KU」さんから写真を展示しないかとお話をいただき、今年の9~10月でこの時撮った写真を展示してもらうことになりました。

最近はいくつかの協同展に写真を出させてもらいましたが、個展は久しぶりです。

FUーKUの展示も最近はプロの写真が多いんだけど、俺なんかの写真で大丈夫か?
と思いましたけど、昔の懐かしく、FU-KUの常連で報告会をやってたノリで展示させてもらおうかと思います。

ここに掲載した写真以外にも不思議なクラゲの写真とかを展示しますのでよろしくお願いします。

近くなったらまた告知しますね~。
龍馬やミッドナイトダイビングに興味がある方、ぜひいらしてください。^^

別窓 | パラオ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
龍馬 ミッドナイトダイブクルーズ Day2
2016-04-24 Sun 21:48
2016.04.14 2日目も先ずは昼飯からスタート。
20160414_08.jpg

この日もとってもいい天気♪

この時のパラオは深刻な水不足が発生していて、コロールでは計画的な断水が行われていましたが、龍馬は海水から真水を作る装置を持っているので、まったく水不足を感じませんでした。

さて前日の、いや今朝の飲み会で、ぢろーさんの後輩O君曰く。

「ブルーコーナーの-30mの横穴にヘルフリッチがいますよ」

「それは浅いな~、行きたいな~」

としつこくガイドのスターに言ってたら、この日の一本目に連れて行ってくれることになりました。

どうやらマクロ穴と言われている横穴らしい。
一つの横穴に「マクロ穴」なんて名前がつくくらいだから、ブルーコーナーでマクロをやる人間なんていないんだろうな。笑

20160414_01.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -30m 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f8 1/250秒

人が6人くらい頭を突っ込める穴の中に、シコンハタタテハゼとアケボノハゼが数個体飛んで、手前にニチリンダテハゼがいるという夢のような穴でした。笑

ヘルフリッチの胸鰭って黒いんですね。
黒バックだと解りにくいんですよ。

20160414_02.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -30m 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f8 1/250秒

こういうハゼを撮るときは、もうちょっと長いレンズがほしいな~。

20160414_03.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -15 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 35mm f4.5 1/100秒
二本目はワイドに戻し、オグロメジロザメと戯れてました。

水温が高いので昼間は「海パン+ラッシュ」という軽装で大丈夫です。
なので泳げる、泳げる、楽しい、楽しい。^^

20160414_09.jpg

たくさん泳いでおなかが減ったので、サンセットを見ながら夕飯です。

20160414_10.jpg

この日のミッドナイトダイブは前日より一時間遅い21時のスタート。

月の入る時間を気にしていると、どんどんスタートが遅くなりそうです。

前日は生物の出が悪かったのでポイントもブルーホールに変更するそうです。

20160414_04.jpg
Photo@Blue Hole(Palau) -15m 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f8 1/100秒

最初にお迎えしてくれたのはコモンクダリボウズギスyg。
今回撮りたかったクダリボウズギス属からのスタートでした!^^

20160414_06.jpg
Photo@Blue Hole(Palau) -5m 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f8 1/100秒

この夜、皆さんが一番テンションを上げたであろう、スケルトンなハダカハオコゼyg。

20160414_05.jpg
Photo@Blue Hole(Palau) -5m 14.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f8 1/100秒

大型のカンテンカメガイ。
大きく泳いでました。
一緒に潜ったCさんは、この写真に宇宙を感じてくれたそうです。

後は...。
ツクシクラゲの捕食
アカネハナゴイyg?
ヨウラククラゲ
ギボシムシのトルナリア幼生
キンチャクダイの仲間yg
トゲダルマカレイyg
ウキビシガイ

Day 1st
Max : -33.1m
Temp : 28.8℃
DiveTime : 49min

Day 2nd
Max : -27.7m
Temp : 29.0℃
DiveTime : 54min

Night 1st
Max : -18.9m
Temp : 28.9℃
DiveTime : 95min

Night 2nd
Max : -17.1m
Temp : 29.0℃
DiveTime : 94min

ありがたいのは帰ってくると夜食として暖かいビーフシチューやミネストローネ、おにぎり等が用意されていること。
この日も朝までそれをアテに飲んだくれるのでした。笑
別窓 | パラオ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
龍馬 ミッドナイトダイブクルーズ Day1
2016-04-21 Thu 11:12
2016.04.13 無事龍馬に乗船。
適当に荷物を部屋に置き、船の説明を受ける。
20160413_07.jpg
エコノミークラスの船室はこんな感じ。
同室となったYさんは感じの良いベテランダイバーだったので助かりました。

ミッドナイトのゲストは午前中のダイビングは無し。
午後から2本なんだそうです。
なんだ、暇じゃん。

龍馬には「竹の間」という畳敷きの談話スペースがあるんだけど、そこで昼飯まで峯水さんとぢろーさんに昨日までの成果を見せてもらいました。なんでもおそらく世界で3例目のムラサキダコのオスの撮影に成功したとのこと。

休息時間は自分の部屋より、ここでお二人とダラダラと話していた時間の方が多かったと思います。
ぢろーさんの後輩のO君の言動がちょいちょい面白い。笑

20160413_11.jpg
初日のランチメニュー。

20160413_08.jpg
こんなところで食します。

20160413_09.jpg
食事は豪華な感じではなかったけど、普通においしかったです。
あんまり豪華にされても飽きるだろうし、ちょうど良い感じでした。
ちなみにシェフとコックは日本人です。

20160413_12.jpg
おいしいので食べ過ぎてしまい、昼間は結構泳ぎまくったんだけど、帰ったら2kg体重が増えてました。笑

20160413_10.jpg
ジャグジーとか

20160413_18.jpg
リラックスできるスペースもあります。

さて、ご飯を食べたらいよいよ海です。
一本目はニュードロップオフ、二本目は天下のブルーコーナー。
もうね、なんでもいます。
エントリーするとすぐにオオメカマスの大きな群れが横切り、その次はギンガメアジやカスミチョウチョウウオの群れ、大きなナポレオンやオグロメジロザメは前からバンバン出てくるし、下を見ればありとあらゆるベラやハナダイ、ブダイがいました。
で、最後はバラクーダの群れです。
見た魚なんて全部書ききれませんよ。笑

20160413_01.jpg
Photo@New Drop Off(Palau) -15m 13.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f5.6 1/100秒
南国チックなヨスジフエダイの群れ。

20160413_02.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -10m 13.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f3.5 1/100秒

20160413_04.jpg
Photo@Blue Corner(Palau) -10 13.Apr.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f3.5 1/100秒
バラクーダの群れは青い海に映えますな。

あまりにすごい光景を自分の目で見てしまったので、後で見た自分の写真がしょぼいことしょぼいこと。笑

20160413_17.jpg

夕飯を食って、カメラのセッティングをマクロに変更、本来の目的であるミッドナイトダイビングに備えます。
この日のミッドナイトダイブのスタートは20時。
ビールはぐっとガマンです。

この日はタートルコーブというポイントに2本入りました。

20160413_05.jpg
Photo@Turtle Cove(Palau) -10m 13.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒
いきなり出たのは俗にいうジェリーフィッシュライダー、ウチワエビのフィロゾーマです。

20160413_06.jpg
Photo@Turtle Cove(Palau) -8m 13.Apr.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO 64 f10 1/250秒
これは初めて見ました!
カクレウオ科の稚魚。

後は....
ミナミギンポyg
フエダイの仲間yg
ヤワナクラゲの仲間
アオヤガラyg
ヤリカダギyg
ウツボの仲間のレプト
ヒメジの仲間yg
モンダルマガレイyg
タイワンマトイシモチyg
巻貝マクジリジリア幼生
ワモンダコ?
オオメカマスyg
マサコカメガイ
ササウシノシタyg

この日は生物の出が悪かったと1航海から乗ってる人たちは言ってましたけど、個人的には忙しいくらいに出物がありました。

20160413_19.jpg
船に戻ると小ぶりのマンタ様がお食事中。

20160413_15.jpg
俺もようやくありつけました。

20160413_14.jpg
こんな時間ですが。

20160413_20.jpg
成田の免税店で買ったバーボンが皆さんに評判よかったです。
そして明るくなるまで、ミッドナイトチームは宴会なのでした。
そりゃあ午前中のダイビングはないわ。笑

Day 1st
Max : -22.0m
Temp : 29.1℃
DiveTime : 48min

Day 2nd
Max : -23.2m
Temp : 29.0℃
DiveTime : 52min

Night 1st
Max : -13.3m
Temp : 29.0℃
DiveTime : 94min

Night 2nd
Max : -13.3m
Temp : 28.9℃
DiveTime : 108min
別窓 | パラオ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| マメマクラの記憶2 | NEXT