スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
奄美大島一本目 キイロサンゴハゼ オヨギイソハゼ
2010-02-27 Sat 20:44
20100130_02.jpg
Photo@Yamatohama(Amamioshima) -?m 30.Jan.2010
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f7.1

久しぶりの海ログです。
2010年は奄美大島で初潜り♪

贅沢ですね~。
奄美の日程が土日に絡んでいたので”偶然”実現しました。
こんな出張スケジュールを認めてくれた会社に感謝です。
後は同行のノンダイバー調査員Bを「体験ダイビングしようよ」と船に乗せれば完了なのです。
わはは。

今回お世話になったのは古仁屋の"Dive cico"。
予定していたDSが冬季休業となっていたので急遽ここに決めました。
ダイバーx1 + ノンダイバーx1という面倒な客にも対応してくれました。
感謝です。

こちらのショップさんのスタイルは完全放置。
発見した生物は自分でデジカメで撮ってさっさと次に行ってしまいます。
あらま。

まあ、世の中のガイドがすべて緻密なガイドをしてくれる訳ではない。
シーズンオフに飛び込みで入るとこんなミスマッチもあるのだ。
こんな時は怒っても仕方ないので、勝手にやらせてもらうまでなのだ。
幸い被写体には全く困らない海なのだから。
わはは。

一本目は大和浜
すり鉢状の浅い湾です。
珊瑚のガレ場と泥に近い砂地。
奥の方には意外な程元気な枝珊瑚の群生が見られました。

20100130_01.jpg
Photo@Yamatohama(Amamioshima) -?m 30.Jan.2010
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f10

シマキンチャクフグ
コクテンフグ
オヨギイソハゼ
カモハラギンポ
ハナミノカサゴ(黒)
キヘリモンガラ
ワカヨウジ
キイロサンゴハゼ
ハリセンボン
メガネゴンベ

Max : 11.0m
Temp : 20.6℃
DiveTime : 59min

珊瑚の中にいる被写体はピントが合いにくい。
実際オヨギイソハゼのペアはピンアマな写真になってしまった。
む~、こうなるとなかなかいい構図で狙えません~。

キイロサンゴハゼもオヨギイソハゼも初めて見た。
どっちもラブリーでしょ?
いるところにはいるもんだな~。
モンガラカワハギフェチの俺からするとキヘリモンガラも嬉しかった。

40分を過ぎたところで上がりたそうにしていたガイド氏が、50分を過ぎたところで一人で上がって行った。
待たせてもナニなので、しばらくしてから上がったけど、いつものセルフメンバーだと誰も上がってこないんだろうな。
わはは。
スポンサーサイト
別窓 | 奄美大島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ちょっと西へ 松前
2010-02-26 Fri 01:34
20100218_04.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone

旅の終着地は松前でした。
夏なら函館からレンタカーなんだけど、雪道には不慣れだからそれは避けたい。
木古内まで電車で行ってバスに乗り換える。

乗り換えの木古内はみそぎの町。
二月の三日間、ふんどし一丁で厳寒の海に入るらしい。
誰が入るって?
「今年はおまえな」と肩を叩かれるのだ。
この町には絶対住みたくない。

20100218_05.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone

三時間かけて松前に到着。

せっかくだからと松前城に行くが冬季は閉鎖。

さらに前を行くおっさんの背に何やら物騒なものが。
ライフルじゃん。

たまに構えてたりしてるしでめちゃ怖い。
圧倒的な武力格差...。
なんなんだよ~。
怖くて写真も撮れず。
まあ、後から聞いたら桜の芽を食う渡り鳥を追っ払っていたのではないかととの事。
ほっ。

松前にはビジネスホテルなんかないから温泉宿に宿泊。
ふつーに温泉を楽しむ。
もーお肌つるっつるっ!

20100219_01.jpg
Photo@Hakodate 19.Feb.2010
iPhone

帰りは吹雪の中現地作業員の方に函館まで送ってもらった。

20100219_03.jpg
Photo@Hakodate 19.Feb.2010
iPhone

無事帰ってこれたので、函館ラーメンを食す。
雑味がなく美味。

そして最終日。
まずは教会を見に行く。

20100220_01.jpg
Photo@Hakodate 20.Feb.2010
iPhone

20100220_02.jpg
Photo@Hakodate 20.Feb.2010
iPhone

まあ、どうでもいいか。
函館山に登るが雪の為全く視界が開けず。
一時間待っても函館は景色を見せてくれなかった。

20100220_03.jpg
Photo@Hakodate 20.Feb.2010
iPhone

腹が減ったので市場で三色丼の別バージョンとどんこ汁を食す。
親戚にカニとホタテをばらまいて函館空港へ。
雪の為30分遅れて飛行機は出発。
無事帰って来ました。
帰ってきたらどっと疲れが来ましたがな。
はあ...。

20100218_06.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone

みそげ。
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
さらに北へ 函館
2010-02-23 Tue 23:37
20100216_01.jpg
Photo@Hakodate 16.Feb.2010
iPhone

生まれて初めて渡った津軽海峡。
海を渡った先の土地では電車が道を走っていました。

20100217_01.jpg
Photo@Hakodate 17.Feb.2010
iPhone
ラッピのハンバーガーはこんなにぼりゅーみぃ。
陽気な店員が鐘を鳴らしながら持ってきてくれます。
挑戦した調査員Aは女子高生の笑いものです。

20100218_02.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone
しかし函館はイカの街。

20100218_03.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone
いかいか

しかしイカばっか食ってるとイカール星人にやられてしまいます。



20100218_01.jpg
Photo@Hakodate 18.Feb.2010
iPhone
イカール星人の怒りを抑えるため、ボタンエビ、ウニ、イクラの三色丼。
思えばずっとウニを食ってるような気がします。
そろそろやばいかな...。

20100216_02.jpg
Photo@Hakodate 16.Feb.2010
iPhone
女の子に受けそうな風景ですね。
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
また北へ 青森
2010-02-23 Tue 00:28
20100215_01.jpg
Photo@Noheji 15.Feb.2010
iPhone

また下北へ。
しかし仕事が終わったら八戸に直行。
わはは。

八戸っていいところです。
食い物が美味くて飲み屋のレベルが高いっす。
また行かなきゃ!
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
お休み♪ スベスベマンジュウガニ
2010-02-13 Sat 14:14
20091219_13.jpg
Photo@Sentan(Oseaki) -5m 19.Dec.2009
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f11

本日は一ヵ月ぶりに自宅で完全OFF。
休日はほとんど移動でつぶれてたしな。

昼まで寝てオリンピックの開会式なぞ眺めております。
外は雪はないけど寒そうだな~。

さて、明日からまた東北~北海道ツアー。
最近は海に行くことばかり考えてます。
海が恋しいよう...。

しかし後一週間でツアーも終了なのだ。
がんばろ~!
別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
北へ 青森
2010-02-11 Thu 09:22
20100208_01.jpg
Photo@Ominato 8.Feb.2010
iPhone

暖かい沖縄から一旦横浜に戻り東北シリーズが始まりました。
ぼーと歩いていると雪に埋もれてしまうのです....。
過酷だ。

20100207_01.jpg
Photo@Shimokita 7.Feb.2010
iPhone
JR東日本管轄最北駅「下北駅」の様子です。
タクシーに乗るとき転びそうになりました。

20100208_02.jpg
Photo@Shimokita 8.Feb.2010
iPhone
こんな場所でも調査は続きます。
新鮮な魚介と地元の名物みそ貝焼き。
なんでも本当の名物はフライボールといわれるあんドーナツらしく、こちらも調査しました。

20100209_01.jpg
Photo@Ominatosen 9.Feb.2010
iPhone
強風で列車も徐行運転。
陸奥湾から容赦なく吹き付けてきます。
やっとのことで八戸へ。

20100210_01.jpg
Photo@Hachinohe 10.Feb.2010
iPhone
八戸は飲み屋天国。
こちらでも過酷な調査は続きます。
同行した調査員Aの情報で地元で有名なとある居酒屋へ。
これが大当たりでした。
安いしうまいし頼んでないものがサービスで2品くらい出てくるし。
ああ、この店が東京にあったら通うのにな~。
あまりにも気に入ったので2夜連続で行ってしまいました。
調査になりません。
反省....。

今日はお休みですが、これから横浜に戻ります。
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
うちなー料理 アグー豚 テンダーローインステーキ タコライス ジンベエ フジ 島寿司 沖縄本島
2010-02-07 Sun 18:57
20100205_01.jpg
Photo@Naha 5.Feb.2010
iPhone

奄美から沖縄へ。
滞在時間は4日。
ついたその日にホテルで一息する間もなく国際通りへ。
まずはオリオンと島らっきょう。
過酷な調査はまだまだ続くのである。

国際通りのあたりは客単価が高いと判断し、今回は泉崎~旭橋あたりの3店の沖縄料理屋にてうちな~料理の調査を行った。
島らっきょう、うみぶどう、アーサの天ぷら、各種チャンプルー、各種イリチー、グルクンのから揚げ、アグー豚...。
最後はいつも豆腐ようをなめつつ泡盛をいただいた。
写真はアグー豚のタンのマース煮(塩煮)とバラ肉のあぶり。

「この店は天ぷらが旨いけど、グルクンは昨日店のほうがよかったなぁ」
と何れの店も甲乙つけがたく、いつかまた再調査が必要だという結果となった。

ジャッキーステーキハウスのテンダーローインステーキも調査。
未だ変わらぬおいしさであることを確認した。

20100204_01.jpg
Photo@Kin 4.Feb.2010
iPhone


お昼は基本的に沖縄そばの調査を行っていたが、しかし沖縄におけるチャンプルー文化の一つ「タコライス」の調査も必要と痛切に感じ、キングタコスの本店がある金武まで出向いた。
すごいボリュームに負けそうになるが、気合を入れてこれを完食。
過酷だ....。

20100204_02.jpg
Photo@Churaumi 4.Feb.2010
iPhone
分刻みの過酷なスケジュールの中、予定していた鯨の生態調査がシケによる船の欠航で中止。
しかし我々はそんなアクシデントにも負けず、美ら海水族館視察に急遽予定を変更したのである。
臨機応変な態度と柔軟な対応がこの過酷な調査には必要なのである。

20100204_04.jpg
Photo@Churaumi 4.Feb.2010
iPhone

フジにも会えました。

20100204_03.jpg
Photo@Churaumi 4.Feb.2010
iPhone
元気いっぱい。
わはは。

20100206_01.jpg
Photo@Naha 6.Feb.2010
iPhone
帰りの空港ではさらに沖縄そばの調査予定であったが、空弁の中に面白いものを見つけた。
大東寿司として売られていたのだが、見た目はまったく八丈や伊豆大島でおなじみの島寿司。
これは何だ!と購入。

機内で食べてみると味はまさに島寿司。
魚はサワラを使っているようだった。
後で調べたら八丈からの移民が大東諸島に持ちこんだそうで、やはり同じもののようだ。
沖縄に島寿司があるなんて....。

最後にうれしい発見であった。
我々の過酷な調査に神も微笑んだかに思えた。

上のやつは追加したポークおにぎり。
てへっ。

調査協力:うみやから~
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
芋と黒糖 黒豚と地鶏
2010-02-02 Tue 16:33
20100128_01.jpg
Photo@Kokubu 28.Jan.2010
iPhone

ブログは更新されてませんでしたが、調査は舞台を鹿児島に移して続行中だったのです。
毎晩気を失ってしまうので、ブログの更新もままなりません。
なんて過酷なんでしょう.....。

鹿児島ではやはり芋焼酎と黒豚。
写真は黒豚のしゃぶしゃぶ。

20100202_01.jpg
Photo@AmamiOshima 02.Feb.2010
iPhone

奄美では黒糖焼酎と地鶏。
写真は「ひさ倉」の「けいはん」。
ご飯に具を乗せて熱々の地鶏スープをかけていただきます。
なんと店が大きくなってました。

そして今夜から、那覇は国際通りにて過酷な調査が始まるのです。
はぁ~。
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。