スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
今週末は伊豆 トカラベラyg
2011-09-30 Fri 01:31
20110909_07.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

今週末は伊豆へ。
今年の夏は島めぐりをしていたので、何と6月の井田から伊豆に行ってない。
ひえ~っ!もう伊豆ダイバーと言えないね。
わはは。

土曜日は川奈で日曜日は黄金崎の予定。
現地でお会いできそうな方、よろしくお願いします。

ベストシーズンなのでベラやブダイのチビがいっぱいちょろちょろしているに違いない。
どちらもセルフなので勝手に撮りまくろう。
ぐふふふ...。

あ、いや...。

土曜日の夜は川奈でグラントスカルピンの佐藤長明さんを囲む会に参加。
どんな話が聞けるかな~、楽しみ♪

20110909_08.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

写真はトカラベラyg。
幼魚は毎年伊豆でも見ることができます。
八丈には成魚がいた。
スポンサーサイト
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
お買得品 ナメモンガラのペア
2011-09-28 Wed 22:22
20110910_21.jpg
Photo@Hachijyojima 10.Sep.2011
iPhone

きちんとペアで販売されてます。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
カラフル アンナウミウシのペア
2011-09-27 Tue 23:51
20110910_15.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -10m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f10

キサンゴとの色の対比がきれいでした。


別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
Photoshop Elements 10 アデヤカミノウミウシ
2011-09-26 Mon 18:51
20110910_20.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -10m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8


"Photoshop Elements"の最新バージョンが10/14(金)に発売される。
なんでも"Elements"として10周年を迎えるそうです。

最初に使った"Photoshop Elements"はPCに「おまけ」で付いてきたものだった。
「おまけ」なので当然機能が制限され、試用版くらいの印象だったのですが、バージョンが上がる度に新しい機能が追加され、あれよあれよと言う間にコストパフォーマンスに優れた使えるソフトになってきました。

今回も 「ガイド付き編集」や「写真の検索機能」等、使えそうな機能が追加されているようです。
本家"Photoshop"が高くて買えない俺には"Elements"の進化はウエルカムなのです。

詳しくはこちらのレビューを読んで頂きたい。

ちなみにレビュアーの三井貴美子さんは大学のサークル関係の先輩で、バイト先でも大変お世話になった方なのです。
よくご飯もおごってもらった。
ご飯をおごってくれた人の事は忘れないのだ♪
わはは。

写真はアデヤカミノウミウシ。
伊豆での目撃例もなくはないけど、南の島のウミウシですね。
ミノ系にしてはあまり動かないコでした。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
八丈島六本目 キビレマツカサ
2011-09-21 Wed 22:17
20110910_13.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -15m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

三本目もボート。
この日はボート三昧♪

三本目なので浅場で窒素抜きつつまったりしましょうって感じ。
このイデサリってポイントも大きなアーチがあって、アーチ沿いにゆっくり浮上することができる。
三本目にはいい感じのポイントだった。

ネタは豊富だったのでどうしようかと思ったけど、八丈らしいってことでキビレマツカサ。
八丈ではこんな水深で見れるのだ。
かつて大島で見た時は-40mオーバーだった。
なんかお得な感じ♪
そのうちキビレ玉も見てみたいもんだ。

クロユリハゼ
ニューギニアベラ
イロブダイyg
キスジカンテンウミウシ
アデヤカミノウミウシ
アンナウミウシ
キビレマツカサ
テングダイ
アジアコショウダイ若魚

Max : 17.4m
Temp : 26.5℃
DiveTime : 57min

翌日は午前中底土でシュノーケリングして島寿司食って帰ってきた。

天気もよくいい夏休みでした~♪
年内もう一回いくぞ~!
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
八丈島五本目 トモトビイトヒキベラとニシキイトヒキベラのハイブリッド ニシキイトヒキベラyg
2011-09-20 Tue 00:36
20110910_05.jpg
Photo@Nakanomama(Hachijyojima) -40m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

二本目もボート♪
ポイントは中のママ。
初八丈のトミーさんには、「八丈でしか見れないシンジュアナゴはぜひ見てもらわないと」と思っていたのだ。

が、それ以上にシンジュポイントに行かなくてはならない理由ができた(笑)。
来八の数日前に加藤さんのブログにこんな情報がアップされていたのだ。

トモトビイトヒキベラとニシキイトヒキベラのハイブリッド出現!
(ハイブリッド=ハーフ=合いの子。分類学上は雑種扱いですが、ダイバーにはレアものです。)

4年ぶりに八丈に行くと決めたらこれだ。
これは神様が引き合わせてくれたとしか思えない。
ぜひとも撮らなければ♪

しかしここは元々がボートポイント。
ナズマドから泳ぐと遠いのでバディ達は及び腰。
無理はさせられないので初日は諦めたんだけど、二日目に天候不順の(好)影響でボートで行けることになった♪
やっぱり神様はいるのだ!

さて、ボートでドボンと落ちると、すぐに眼下にシンジュアナゴの群落が見えた。
すげー透視度。
いつ見てもすごい光景だ。
大げさに言うと、水中で地平線が見えるんだよ。
この光景のすごさで2006年のオリンパスのフォトコンで入賞したくらいだ。

しかしその光景に見とれている場合ではない。
加藤さんの動きを追って、なんとか撮れました♪
ピン甘ですけど~。
わはは。

20110910_06.jpg
Photo@Nakanomama(Hachijyojima) -40m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

こちらはニシキイトヒキベラyg。

トモトビイトヒキベラとニシキイトヒキベラもここで撮れて紹介できるとかっこよかったんだけど。
ニシキはいたと思うんだけど、撃沈。

震えて読め!
加藤さん解説によるニシキイトヒキベラの特徴
こちらはトモシビイトヒキベラの特徴

この後は浅場をゆるりと。
でもこれが楽しい♪

アカウミガメ(見てないけど悔しいから)
シロホシスズメダイyg
クビアカハゼ
アオギハゼ
ネッタイミノカザゴyg

いつも不思議に思うのだが加藤さんは魚を手品のように出してくる。
すごいなぁ~。

Max : 40.2m
Temp : 26.5℃
DiveTime : 55min

20110910_16.jpg
この時の俺らしい byトミーさん
さんきゅ♪

普通に移動中で愛嬌ないね。
わはは。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
八丈島四本目 ベニヒレイトヒキベラ ♀とyg アカボシハナゴイ
2011-09-18 Sun 22:53
20110910_02.jpg
Photo@Kyokuchogahama(Hachijyojima) -35m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/40sec f8

二日目はボート♪
八丈初ボート♪
今までナズマドに入れなかったことがないのでボートも初。

一本目は「局長浜」(何て読むのこれ)。
-60mからどーんとでかい根が立っているらしい。
加藤さんに「なにがいるんですか?」と聞くと「なんでもいます♪」との事。
うひょ~♪
でも深くて時間がないので、何を撮るか決めといた方がいいとの事。
じゃあ、ベニヒレイトヒキベラとアカボシハナゴイにき~めた!

20110910_01.jpg
Photo@Kyokuchogahama(Hachijyojima) -35m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/40sec f7.1

入るとほんとになんでもいる(笑)
でも深いのでモタモタできず、ほとんどスルー(泣)
でもまあ目的のものは抑えたぞと。

20110910_04.jpg
Photo@Kyokuchogahama(Hachijyojima) -48m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/40sec f5.6

幼魚は~。
こんなんしか撮れなかった...。
後でカメラの設定見たらシャッタースピード優先になっていた。
1/40じゃ撮れんわなぁ...。
確認すれ...。

20110910_03.jpg
Photo@Kyokuchogahama(Hachijyojima) -40m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/40sec f11
アカヒメジ抜きのアカボシハナゴイ。
キンギョハナダイとかアカヒメジとかもうごっちゃごちゃ。
じゃまですわ。

ベニヒレイトヒキベラ
オグロベラ
アカボシハナゴイ
フタイロハナゴイ
シロホシスズメダイyg
ヤンセンニシキベラ

俺は見てないけど、ハナゴンベ、オオテンハナゴイyg、フチドリハナダイyg、スジハナダイ、スミレナガハナダイ、マルスズメなんかもいたらしい。

なんで見てないか?
俺がベニヒレとか撮ってる間にも加藤さんがどんどん指していくから。
やはり目的を決めておいてよかった。
まあ、撮らずに加藤さんにくっついて行って全部見るってのも楽しいかもね。

Max : 48.9m
Temp : 26.9℃
DiveTime : 49min

お仕置きTIMEはのんびりカメを見たりヤンセンニシキベラと格闘したり。
なんか精力的にウミウシ撮ってるゲストもいた。

楽しかったな~ここは。
久々に忙しくエキサイティングなダイビングだった。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
八丈島三本目 ヒレグロコショウダイyg
2011-09-17 Sat 09:58
20110909_03.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f4

今日はもう底土しか入れないってことで三本目も底土港へ。

何度入っても、そこどこう?
あ、いや...。

ガイドは加藤さんから、ある事情からお疲れ気味のほのちゃんに交代。
同じポイントに連続して入るゲストのガイドを、師匠から引き継ぐってのは厳しいよね~。
でもしっかり仕事してくれました♪

イッテンチョウチョウオ、ヤリカタギ、カガミチョウチョウオがウロウロ。
キモガニは珊瑚の間をウロウロ。
ガンガゼカクレエビはガンガゼの棘の間をウロウロ。
ナメモンガラは卵を守ってウロウロ。
スミツキベラyg、トカラベラygはきんすけちゃんのカメラを嫌ってウロウロ。

底土ってのは何となく砂泥の環境だと思っていたけどまったく違っていた。
浅場はハードコーラル、奥に進むにつれガレ場、転石、岩場と変わっていく。
折り返し地点には大きなアーチがある。
八丈は地形派にも面白い海だ。

ナメモンのペアがエッグイーターから卵を守っていた姿が面白かったな~。
♂は興奮しまくりだったし、砂地に産卵するってのも初めて知った。
ほのちゃんが水中で解説してくれた。

20110909_02.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f4

写真はヒレグロコショウダイyg。
いつも体をくねくねくねくね。
疲れないのかな~。

毎回八丈で見せてもらっているのだが、今まで写真がなかった。
なので、今回掲載。
こんなのが伊豆に現れると一部で大騒ぎだな。

Max : 12.7m
Temp : 26.9℃
DiveTime : 76min

20110909_04.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f4

ムスジコショウダイygより派手でいいやね。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
八丈島二本目 キンチャクガニの交接
2011-09-14 Wed 22:30
20110909_01.jpg
Photo@Sokodo(Hachijyojima) -10m 9.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/180sec f8

二本目もナズマド~Go!Go!とタンクを担いで行くと、何とまあエントリー口は洗濯機状態。
どうなの~と思ったら、しばらく波の周期を観察する加藤さん。
それを見つめる我々と他のショップの若いガイド達。

結局「やめましょう」って加藤さんの判断で、この後我々も含めて八丈中のショップが底土に集結。
台風14号のうねりは島を回り込んでナズマドにまで到達。
反対側の八重根はもちろんクローズなんだと。

と言う訳でお初の底土。
思ったより面白かったよ。
というか、写真はかなりのレアシーンでしょ?
エロい目のキンチャクガニのムフフシーン。
18禁でーす。
イソギンチャクのポンポン持ったままでーす。

ヒメイカはお食事中
キンチャクガニはむふふ中
テングダイとハナゴイは三又アーチをパトロール中
モンハナジャコはお散歩中
ナガサキスズメダイygはきんすけちゃんを魅了中
ヒメテグリはホバリング中

ちゅうちゅう。

Max : 18.8m
Temp : 27.3℃
DiveTime : 79min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
八丈島一本目 イロブダイyg
2011-09-12 Mon 18:43
20110910_11.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -15m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

ちょうど4年ぶりに八丈島へ。
お世話になったのはこれまた4年ぶりのレグルスダイビング

紀伊半島で猛威を振るった台風12号の影響はなくなり、天気も晴れ。
飛行機の条件なし!コンディション最高!ナズマド直行!透視度最高!水は青いし、程よい流れ!

と、絶好調のはずだったのだが、高速で動きまわるイトヒキベラの仲間や、極小スズメダイの仲間の幼魚ばかり狙っていたら見事に撃沈。
納得のいく写真が一枚もなかった...。

なので写真は二日目のイロブダイyg。
ギョリコンにはたまらんサイズ。
わはは。
まだ黒ずんでいない背びれをピッと立ててます。

激流に耐えるピグミーシーホース(紫)
高速で泳ぎまわるニシキイトヒキベラ
のんびりお食事中のアオウミガメ
これまた高速で泳ぎまわるトモシビイトヒキベラ
いつもエロい目のキンチャクガニ
臆病なフチドリスズメダイyg
これまた臆病なミヤコキンセンスズメダイyg
ダイバーに付いて行くツバメウオx3

Max : 25.6m
Temp : 24.9℃
DiveTime : 63min

20110910_10.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -15m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8
右上に写ってるのはガイド加藤さんの人差し指。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
顔シリーズ♪ ベニカエルアンコウ
2011-09-08 Thu 01:29
20110819_15.jpg
Photo@Akinohama(IzuOoshima) -8m 19.Aug.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f5.6

と言いつつ、ちゃんとケロの顔。
(本来顔シリーズと言うのは、Juliaが始めた海中の岩とかカイメンとかの模様や海中生物の一部が顔に見えるってお遊び写真のこと。それが某大瀬崎はごろもや某柏島アクアスの常連さんやノリのいいガイドの間ではやってしまった(ぶふふ)。しかしそれが「ラスカル」等数々の名作を生む。俺的には心霊写真なんだけど~。)

ケロも、もっと違う撮り方が出来ないかな~なんて生意気言ってみたりしても結局アップの構図か~(笑)。
寄って寄って、画面を全部赤にしたらグリーンな眼だけ浮かび上がるかな?と思ったんだけど、そうはならなかった。
ま、そりゃそうか。

そう言えば前に「イロとベニってどうやって見分けるの?」って聞かれて、キパッリ「顔つき」って答えた俺です。
顔は重要です。
わはは。
別窓 | 伊豆大島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
オオナガレカンザシ
2011-09-05 Mon 19:29
20110819_16.jpg
Photo@Akinohama(IzuOoshima) -10m 19.Aug.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

こんなのも撮ってみた。

ゴカイの仲間なのだが引っ込まないので撮り易い。
水流によっていろんな形を見せてくれるので面白い。

と思っていろんなカットを撮ったけど、後から見たらいいと思ったカットがほとんどなかった。
特に絞りを開けたのは全滅。
意外と難しいのだ。

また撮ってみようっと。
別窓 | 伊豆大島 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
伊豆大島五本目 クロハコフグyg
2011-09-03 Sat 18:23
20110819_07.jpg
Photo@Akinohama(IzuOoshima) -10m 19.Aug.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f8

家でヒマしてネットなんてやってると、いろんなものが欲しくなってしまう...。

さて、伊豆大島ログのつづき。

最後の一本も結局秋の浜に入れた。
この日は半ばあきらめていたから嬉しかった。
コースは昨日の三本目のおさらい。
水温が下がっているのでハゼやジョーは期待できないからね。
今回は五本とも基本的に同じコース取りをしてもらったので、秋の浜の地形が頭の中でイメージできた。

写真はクロハコフグyg。
ミナミハコフグygは毎年ラブリーな姿を見せてくれるけど、クロハコフグygは初めて見た。
ちょっと調べると伊豆でもたまに目撃例があるようだ。

セイテンビラメ
ユビノウハナガサウミウシ
ベンケイハゼ
ヌノサラシ

Max : 22.2m
Temp : 22℃
DiveTime : 73min

この日も曇っていはいたけど雨は落ちず、器材の水滴を切ることができた。
なんだか夏休みと言うより秋を感じる大島遠征だったな。
別窓 | 伊豆大島 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。