スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
八丈島五本目 ゼブラハゼ
2011-11-29 Tue 00:05
20111122_13.jpg
Photo@Yaene(hachijyojima) -7m 22.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

さて、どんどん行きます。

二本目、三本目も同じコースで今度は実践編。

一本目に見せてもらった加藤さんの動きをマネて撮る。

セナキルリスズメダイ
ナガサキスズメダイ
シロホシスズメダイ
ハナゴンベ
ハタタテハゼ
ゼブラハゼ
イトヒキベラ
クロヘリイトヒキベラ

魚のタイプそれぞれに応じた寄りの駆け引き。
狙うは鰭全開のタイミング。

どこまで出来たかな~。

ゼブラハゼって2003年の黒島(八重山諸島)以来。
八丈で見れるとは思わなかった。
鰭も開くけど、たまに下顎の下にある被弁も開くのだ。
ピンクの横縞がオシャレ。

Max : 18.3m
Temp : 21.6℃
DiveTime : 71min

20111122_07.jpg
Photo@Yaene(hachijyojima) -7m 22.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

手前のやつさえいなければ...。
わはは。
スポンサーサイト
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
八丈島四本目 シロボシスズメダイyg
2011-11-28 Mon 00:17
20111122_02.jpg
Photo@Yaene(hachijyojima) -12m 22.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

二日目は八重根に入れた。

一本目は加藤さんに魚のタイプ別にアプローチの方法を見せてもらう。
なるほど。
これはほんと勉強になった。

周りのアマチュアは、俺も含めて誰もちゃんと出来てないわ。
ただ突進してるだけ(笑。

20111122_01.jpg
Photo@Yaene(hachijyojima) -12m 22.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

前日に貰ったアドバイスを頭に入れてひたすら撮る、撮る、撮る。

20111122_03.jpg
Photo@Yaene(hachijyojima) -12m 22.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

シロホシスズメダイygはきれいな背景に誘導して可愛く撮ることを目指した。
しかし誘導の仕方が難しい。

Max : 19.2m
Temp : 22.5℃
DiveTime : 71min

クロヘリイトヒキベラ
シロホシスズメダイyg
ハナゴンベ
ゼブラハゼ
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
八丈島三本目 キイロダカラ
2011-11-27 Sun 01:00
20111121_06.jpg
Photo@Kaminato(hachijyojima) -5m 21.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f11

三本目は神湊。
今日のビーチはここしか入れないらしい。

ココもお初。
今までナズマドばかりだったからね。

八丈とは思えないドロドロの環境。
透視度は2m~50cm。笑
海の公園を思い出した。

泥を巻き上げないように気を付けて加藤さんに付いて行く。

しかし思ったのがこんな環境でも水が青い。
伊豆だと普通に緑色なんだけど、なにが違うんだろう?

ウミウサギ
コウガイメナガガザミ
コモンダカラ
キイロダカラ
クシモトミドリガイ
ホンカワウミウシ

Max : 7.1m
Temp : 15.7℃
DiveTime : 50min

加藤さんが書いてくれたログを見ると水温の差がすごい。
加藤さんのは23度???俺のダイコンおかしい?

このポイント。
面白いかと言われると面白くない。
わはは。
まあ、潜れるだけいいかなって感じ。

本日はこれにて終了。
ショップに戻り、コーヒーを飲みつつフォト講座の始まり~♪
加藤さんと水谷さんに、最近ブログに貼った写真と今日撮った写真を見てもらう。
今回はとにかく本気でダメ出しをしてもらった。
後、魚のタイプ別の撮り方のアドバイスを頂く。

そして明日は頂いたアドバイスの実践編となった。
八重根三本x70min。
ほぼ同じコースを回ってもらって、マンツーでみっちり教えてもらえた。
この三本で目からうろこが何枚落ちたことやら...。
加藤さん、ありがとうございました♪

20111121_07.jpg
Photo@Kaminato(hachijyojima) -5m 21.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f11

拡大してみた。
すごいきれいな模様♪
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
八丈島二本目 ニシキイトヒキベラyg
2011-11-26 Sat 14:17
20111121_04.jpg
Photo@Uroune(hachijyojima) -20m 21.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f11

二本目もウロウ根。
今度は根の中央の穴をくぐるコース。
少し流れが出て水温が下がったみたい。

ドリフトして船に拾ってもらうスタイルなのだが、水面で船を待ってる時間がつらい。
冷たく強い風が容赦なく顔に吹き付けてくる。
水の中はあったかいのにな~。

ニシキイトヒキベラyg
ニシキキュウセン
ヤンセンニシキベラ
コガネキュウセンyg
アカヒメジ群
ナミマツカサ群
ツバメウオ群
ソウダガツオがビビビビビッ!

Max : 21.4m
Temp : 19.5℃
DiveTime : 46min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
八丈島一本目 ナンヨウツバメウオyg
2011-11-25 Fri 01:55
PB211189.jpg
Photo@Uroune(hachijyojima) -0m 21.Nov.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/125sec f8

八丈に行ってきました。
元々19日からの予定だったんだけど、低気圧の接近でギリギリになって予定を変更。
21日からお世話になりました。
結果的にこの判断は成功で、19日は全便欠航。
帰った23日の夜からまた低気圧が接近し海況が荒れているようです。
ふぅ、解っていたけどこの時期は厳しいね。

アレンジしてくれたレグルススタッフと八丈交通のおばちゃんに感謝です♪

さて、さて、今回は修行の一人旅。
レグルスの加藤さんと水谷さんに写真のダメ出しと、アドバイスを頂きに行ってきました。
最近自分の写真がつまらんな~と思っていて、マジで寺に入る気分なのでした。

飛行機は毎度の条件付き。
空は快晴だが、飛行機の窓から見える八丈の近海は白波が立って強風が吹き荒れてることが分かる。
無事飛行機は着陸したが、迎えに来てくれたほのちゃんが言うことにゃ、主なビーチポイントはすべてNG。
週末の低気圧の影響がまだ残っていたのだ。

ショップに着き、どうしよう?ってことに。
海況が悪いので既に初心者のゲストは断っているという。

じゃあボートは?ウロウ根なら入れるよっ。
じゃ、そこで。
でもスタッフもあんまり乗り気じゃないのが伝わる。笑

ボートは他のショップとの乗り合いで、改めて見るとゲストよりガイドの方が多い状況。笑
今日はここしか入れないということだ。

シーズンオフなんだな。
でもこういう時期はある意味狙い目なのだ。
ガイドを独占できるからね。
わはは。

さて、冬の避難的ポイントのウロウ根なんだそうですが、入ってみると30mは抜けてるし魚影も濃い。
全く満足できるポイントなのでした。

イスズミの群
フタスジタマガシラが成魚になってた!
大人の階段を上ってるアジアコショウダイ
撮れなかったナメラベラyg(ToT)
テングダイ群
巨大マダラエイ

Max : 20.7m
Temp : 21.4℃
DiveTime : 50min

船が港に着くと他のショップのガイドがナンツバygを発見♪

んで三点セットで港に飛び込んで撮ってみた。
めちゃきれいなコでした。

さて、ツバメウオってなんでツバメウオ?
20111121_03.jpg

こんな風に下から見た感じがツバメっぽいからなんだと。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
俺はタイの人が好きだわ ^ ^
2011-11-19 Sat 01:39
20111119_01.jpg

20111119_02.jpg

20111119_03.jpg

20111119_04.jpg

20111119_05.jpg

20111119_06.jpg

もう、大好き♪
また行きたいな~。
早く水が引くといいんですが。
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
なんなのよ、この天気図は...。 クビアカハゼ
2011-11-18 Fri 00:57
20110910_08.jpg
Photo@Nakanomama(Hachijyojima) -15m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/180sec f8

今週末は八丈に行くのだ、だ、だ。
しかし、エアは着陸できるのか?

まあ、無理だろうな~。

こうなると俺様に賭けるしかない。
がんばれ!俺!なむなむ!
無事着いたら臭いチェリーに噛まれてもいいぜ!(笑

ああ...。

ああ...。

さて、クビアカハゼってヒレを広げた姿を撮るのが難しい。
なかなか広げてくれないし。

つーか、ネットで調べるとアカクビハゼって間違ってる人も多いし。
しっかりせよ。
わはは。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
オリンパス終了
2011-11-12 Sat 01:38
20110910_12.jpg
Photo@Idesari(Hachijyojima) -10m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f10

「今年最後の写真講座~」なんてのんきなメールがオリンパスからきた。

会社はもう終わりだな。

遠い目で見る。

今更バブルの遺産とか...。
馬鹿だよな。

レンズ磨いてたおっちゃんとか、かわいそうだ。

悪いことしたやつが捕まって、おっちゃんも職を無くす。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
トラブル アオギハゼ
2011-11-05 Sat 23:17
20110910_09.jpg
Photo@Nakanomama(Hachijyojima) -15m 10.Sep.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + EC-14 : 1/160sec f4

星占いで一位だった日から仕事上のトラブルに巻き込まれ...。

アップアップしておりまする。

しかし、火消しがだんだんつらくなってきたなぁ。
やれやれ、年は取りたくないもんですな。

いつもさかさまのアオギハゼ。
アップアップしてるわけではありませぬ。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
黄金崎三本目 12-60mmと高分子吸水ポリマー
2011-11-02 Wed 01:19
20111022_07.jpg
Photo@Koganezaki Beach -10m 22.Oct.2011
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD : 48mm 1/100sec f8

三本目。

陸撮の友、12-60mm。
この爆速AFレンズを水中でも使いたいと思っていたのだが、
アテナの延長ポート+ドームポートでは、テレ端で周辺が流れると「どーらさん」に教えてもらった。
撮影した写真をメールで送ってもらったが、確かにこれは使えない。

となると正攻法では水中で使用する手段がないということだ。
で、考えた。
ズームをテレ端に固定すれば、オリンパスのズームレンズ用の標準ポートが使えるんじゃない?
標準ポートならガラス面もフラットだから周辺が流れることもないでしょうよ。

と言う訳で、この日は前もってトミーさんに14-54mm用の標準ポートであるPPO-E02を持ってきてもらっていた。
14-54mmは12-60mmほどの長さはないが、フィルターサイズは同じなので、問題があるとするとポートの長さだけだと思われた。
三本目の前にセッテイングしてみると、思った通りポートの長さが若干足りないので、EC-14用の延長ポートを着けてみる。
すると丁度48mmくらいの画角で使用できそうじゃあ~りませんか。
結構大げさな大きさにになったけどね。笑

と言う訳で三本目はこれを持って行くことにした。

しか~し、砂地に降りたところで水の浸入を確認。(うげっ)
一本持つかな?と思ったけど水は少しづつ増えているようだった。
なのでこれは駄目だと、泣く泣く先に上がることに...。

それでも試し撮りがしたかったので、身近にいたミノさんやオオモンのチビをパシパシ撮った。
ホントは動く被写体を撮ってみたかったんだけどねぇ...。
侵入した水をポートの先に溜めてたので、カメラも振れないし。

んですくない時間の感想ですが...。
AFは陸上と変わらないくらい早かった。
思った通り、動く被写体の図鑑写真を撮るのにいいかも♪
描写もキリットしてるし、周辺も流れてない。

ああ、これでベラとかハナダイを撮ってみたいな~。
S-TTLで撮ると多少露出がオーバーする。
でもこれは微調整すればよい。

PPO-E02どっかに落ちてないかな~。

Max : 11.4m
Temp : 20.3℃
DiveTime : 14min

と言う訳で三本目は不完全燃焼で終わる。

あ、で、後で思ったんだけど。
紙おむつなどに使われている高分子吸水ポリマー。
こいつをハウジングのカメラ本体から離れた場所に貼っておけば、少々の浸水くらい対処できるんじゃないかな?
でも水を吸うと大きくなるんだっけ?
別窓 | 黄金崎 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。