スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第四回 小網倉浜~女川
2012-06-30 Sat 02:00
20120617_19.jpg
女川港に向かう途中に小網倉浜に立ち寄る。
アナゴが宝船を引いてる~。^^

20120617_20.jpg
みたところ、ここも津波の影響で何もなくなってしまったようだ。
見渡す限り寂しい風景が続く。

20120617_06.jpg
残ったのは山肌にある神社だけ。
ガレキが撤去されただけで、それ以上に整備された印象はない。
多分異臭防止に牡蠣の殻を撒いただけだ(違ったらごめんなさい)。

ここでは大漁プロジェクトという復興プロジェクトがある。
今回はこのプロジェクトのメンバー、生餌イワシ業の杉山さんにお話を聞くことができた。

杉山さん曰く。
この浜は東日本で一番の活イワシの生簀150以上を保有していたそうだが、震災で一つしか残らなかったとのこと。
東日本で操業するカツオ一本釣り船、マグロまき網船にほぼ100%供給していたので、その影響は大きく、カツオやマグロの末端価格の上昇を招いているとのこと。
そして活イワシの生簀の設備は高価で、復興はかなり苦戦を強いられているそうだ。
よし!と思った方!ぜひ支援をお願いします!

20120617_17.jpg
ここで購入した小物(右)。
今回実は色々な地区でこういったウエットスーツ素材の小物を目にしたのである。

我々ダイバーにおなじみの「株)モビーディック」。
ウエットスーツの工場が石巻にあるのだが、この震災で何か出来ないかということで、
ウエットスーツの切れ端からこういった小物を作っていたところ、これが好評で生産に手が回らなくなったそうである。
そこである大学教授の仲介で被災して仕事が無くなった方々を紹介され、現在はその方々が生産されているそうである。
「福幸」という文字がいいですね♪
このケースはクローズアップレンズの保護ケースにします。
左はなんだかよく解らないけど、嫁ちゃんの癒しグッズになってます。笑
モビーズ最高!

20120617_07.jpg
南三陸金華山行程公園から見る女川湾と女川原発。

20120617_08.jpg
すかさず計測。^^;

この数値は、原発がない土地と比較すると4~5倍の数字である。
なぜここでこんな数値が出るのか?
放射能は漏れてないはずなのに不思議でしょ?

これが、女川原発由来のものなのか、福島第一原発由来なのか?
そんなことは解らない。
そしてこれが健康に影響があるレベルか否か、それも解らない。
なにも解らないくせに「ただちに健康に影響はない」と言い続けた政府には恐怖する。

ただひとつ言えるのは、原発を始めたのは、「50年後100年後に生まれる子供は障害者でもいい」と言った、高木孝一の様な人間なのだ。

女川に到着。
以下主催者の説明を引用。
「宮城県の太平洋沿岸に位置する町である。日本有数の漁港である女川漁港があるほか、女川原子力発電所が立地することでも知られる。17m以上に達した津波の被害は甚大で、街のほぼ3/2は壊滅状態となった。」

20120617_09.jpg
女川町立病院からみた風景。
ガレキはきれいに片づけられ、道路は嵩上げされていた。
今回みたどこよりも復興が早い。
正面右の倒れたビルは津波ではなく地震で倒れたらしく、耐震構造の調査のために残してあるのだそうだ。

20120617_10.jpg
ここには慰霊塔が。
やはり自然と手を合わせる。

20120617_11.jpg
蒲鉾本舗「高政」へ。
震災発生後、被害を逃れた工場の機械を繋ぎ、残った材料で揚げかまぼこを作って避難所の被災者に届けたそうだ。
現在は新工場が完成しフル稼働中。
社員を震災前の二倍に増やし、地元の雇用を支えているとのこと。
素晴らしい地元企業。

この新工場はオール電化なんだそうだ。
案内してくれた職員の方は、如何にオール電化の工場がクリーンで環境にやさしく、効率的な機械のレイアウトが可能で、それによって生産性が上がったことを説明してくれた。

複雑な思いを胸にコバルトラインを通って石巻へ。
ご存じの通りコバルトというのは放射性物質のこと。
参加者の何人かは俺と同じ気持ちだったと思う。
工場でオール電化と聞いたとたん、何人かの参加者はピンと来たらしく、目くばせがあった。^^;

そう、ここ女川は原発の町なのだ。
原発マネーがこの地域の復興に貢献している。
コレもまた現実である。
スポンサーサイト
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第三回 小渕浜
2012-06-28 Thu 19:20
20120617_01.jpg

予定通り夕方に小渕浜へ到着。

お泊まりは「民宿めぐろ」。
上の写真はこの宿の二階の窓から撮影。
津波の第一波は向かって左から現れ、第二波は右から現れた。
そしてそれぞれ民家や漁業施設を飲み込み、中央で渦を巻いたらしい。

この民宿は下に見える地面から6~7m(もっとあるかな?)程の高台に建っているのだが、それでも一階部分が浸水したとのこと。
写真の地面に縦に伸びるコンクリート跡が建物の基礎。
つまり中央横に伸びる細い道以外は建物が建っていたのだ。

20120617_03.jpg
こんなふうに建物の基礎部分だけが残されている。
日本の木造家屋は水が来ると浮いてしまったとの事だった。

中央左は民宿「あたご荘」。
一階部分は壊滅状態。
二階部分はかろうじて残ったので、地元の方が整備してボランティアの宿として使っていたそうだ。
20120617_18.jpg
近づくとこんな感じ。

中央右手は港に積まれたガレキの山。
まだ使える漁具等が混ざっているので、分別をおこなっているそうだ。
20120617_02.jpg
手前のウキ一つとっても、新しいのを買えば何万円もするらしい。
簡単には捨てられない。

20120617_24.jpg
画像提供:ちーさん
港も地盤沈下で酷い状況だったのだが、現在は一部に土嚢を敷いて嵩上げしてある。
(左側に並んだ黒い袋)


さて、夜は一週間ぶり(笑)に小渕浜の漁師達と再開して宴会。
新鮮なトゲクリガニ、シャコをはじめとする海の幸でもてなしてくれた。
20120617_21.jpg
画像提供:ちーさん

20120617_23.jpg
画像提供:ちーさん

むさぼり食う参加者たち。笑
それを笑顔で見る漁師たち。

聞けば小渕浜の海は豊潤な海である。
ワカメ、カキ、ヒラメ、シャコ、カニ、アナゴ....。

しかし現在、漁師達の経済的な復活を阻む深刻な問題が持ち上がっている。
水揚げされた魚介類の放射能汚染である。
今年4月に施行された食品に含まれる放射性セシウムの新基準値は一キロ当たり100ベクレル。

現在、小渕浜では高級魚のヒラメが出荷自粛に追い込まれている。
ヒラメが売れたら生活が上向くと期待していた漁師達の落胆ぶりは大きい。

20120617_25.jpg
画像提供:ちーさん
籠の中には計量待ちのヒラメがぎっしり。

しかも福島の漁師のように国や東電からの補償はない。
今後補償金の交渉をするために、水揚げ高を測り廃棄するだけだ。
苦労して獲った魚を重さを測って廃棄する虚しさは計り知れない。
こういう復興にかける漁師達の苦労はネット以外ではなかなか報道されない。

20120617_04.jpg
こんなのも上がる。
このアンコウも放射能検査待ちだ。

そして国は安全対策が十分ではない原発を再稼働させる。
そもそも基準値を引き下げたのも、現状を無視した対外的な安全アピールなのかもしれない。
放射性物質はもう充分拡散されたので基準を下げますと。
しかし実際は放射性物質は思ったより拡散されずに蓄積されているではないか。
*6/25八戸港で上がったマダラも基準値越えで出荷自粛へ。

翌朝もまだ雨が降っていたが、漁師の幸市さんが船を出してくれるというので、希望者のみでミニクルージング♪
港まで歩いて行くうちに雨は止み、とても爽快なクルージングとなった。
飛び込みたい!笑

なごり惜しいが、ツアーは続く。
幸市さんに見送られ小渕浜を出発。
またくるよ~!^^

20120617_05.jpg
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第二回 石巻門脇地区~鮎川地区
2012-06-27 Wed 21:50
大曲地区を出発、途中左手に石の森漫画館を見て門脇地区へ。

20120616_15.jpg
河川敷にはガレキの山。

20120616_14.jpg
道路脇には廃車の山。

門脇地区に到着。
以下主催者の説明を引用。
「被害の大きかった石巻市の中でも、特に甚大だった門脇地区。津波の後に火災も発生し、燃えた小学校はまるで爆撃を受けたようになってしまった。震災後まもなく、水道配管工事業の店舗兼自宅跡に立てられた「がんばろう石巻」の看板は、地域の人々を力づけ、マスコミにも何度も登場して有名になった。」

20120616_03.jpg
有名な「がんばれ石巻」の看板の前には祭壇が設けられていた。
自然と手を合わせる。

20120616_12.jpg
看板の周りは何もない。
ここは住宅地だったそうだが、見渡す限りほんとに何もない。

20120616_13.jpg
廃墟となった門脇小学校。
津波の跡に火の手が上がったらしく、悲惨な姿となっている。
雨が降っていたため中には入らなかった。

20120616_4.jpg
放置された巨大な缶詰のオブジェ。
クジラの大和煮って俺たちの世代には懐かしい。
周りには花が植えられていた。

そしていよいよバスは牡鹿半島に入り、先端の御番所公園を目指す。

しかしあいにくの天気で、御番所公園は霧に包まれていた。
仕方がないのでここはバスの中から見るだけ。
今も立ち入り禁止になっている駐車場の地面のひび割れが酷い。
なんでもここは陸続きでは震源地にいちばん近く、地盤が5m程海側に引っ張られたそうだ。

20120616_06.jpg
クジラ漁で有名な鮎川港。

20120616_16.jpg
港の建物は壊れ、地盤沈下で水没している。

鮎川地区の仮設商店街「鮎川のれん街」で買い物をして小渕浜へ向かう。

20120616_07.jpg
窓の外を見ていると気がめいってきた。

20120616_05.jpg
天気が悪さがそれに拍車をかける。
この港の修復に、いったいどのくらいの時間と労力と金が必要なのだろうか。
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 序章&第一回 新宿~仙台多賀城~東松島市大曲地区
2012-06-25 Mon 00:44
20120616_00.jpg

6/16-17、小渕浜ふるさとプロジェクトのツアーに参加してきました。
小渕浜は宮城県の牡鹿半島から突き出たさらに小さな半島の根元にあります。
石巻市街から車で約40分の漁港です。
3.11の震源地から近く、その地形から甚大な被害を受けた地区の一つです。

小渕浜ふるさとプロジェクトというのは、仙台在住の佐藤敏博さん、ダイビングショップ海潜隊の河野透さん、小渕浜の若い漁師達が立ち上げた、一時の支援で終わらない、復興後も繋がりを大切にしていこうという漁師発信のプロジェクトなのだそうです。

詳しくは小渕浜ふるさとプロジェクトのHPをご覧ください。

俺と小渕浜の関わり合いは昨年の10月、FBで写真家の古見きゅう氏の支援を呼び掛けるリンクを見た事から始まりました。
その後マリンエイドで佐藤さんや河野さん、漁師の幸市さんと合い。
東京での交流会を経て、今回のツアーとなりました。

ツアーの主旨について主催者の原文を掲載します。
「被災地へ行ってみたいけど、ボランティア以外で足を運んで良いのか…。
そう思っている方は多いでしょう。
確かに東日本大震災は甚大な被害と多くの犠牲者を出しました。
しかし被災地は今、それぞれに多くの問題を抱えながらも前に進んでいます。
特に小渕浜の漁師達は力強く、港には笑顔が溢れています。
震災の被害をご自分の目で確かめ、復興に向かうパワーを感じてほしい。
そして復興について、これからの日本について考えてほしい。
私たちはそう考えて、このツアーを企画いたしました。」

もちろん今でもボランティアの労働力を欲してる被災地もあります。
しかし一方、震災から一年と三カ月を経て、経済が回り始めた地区もあるのです。
そういった地区では労働力より現地の生産物やサービスを買ってあげることが支援となります。
ボランティアに行く時間が無い、体力に自信が無く労働力の提供が出来ないなんて方にはそんな支援が期待されるのです。
出来ることを無理なく継続して行うこと、被災地を忘れないことが重要なのです。

さて、前置きが長くなりました、ツアーのご紹介です。
上の地図がそのルートとなります。
この記事をご覧になられた方には次のツアーにはぜひ参加して頂きたいので、何回かに分けて紹介していきます。
以下予定です。

第一回 新宿~仙台多賀城~東松島市大曲地区
第二回 石巻門脇地区~鮎川地区
第三回 小渕浜
第四回 小網倉浜~女川
第五回 石巻

質問大歓迎です。
できる限り答えますし、必要なら主催者にご登場願うつもりです。
佐藤さん、とぉるさん、その折には宜しくです♪

---------------------------------------------------------------------------------

第一回 新宿~仙台多賀城~東松島市大曲地区

朝7:00に新宿集合。
首都高から東北道に乗り、一路北を目指す。

若干一名、被災地を思う気持ちから舞い上がってしまい、他の参加者のヒンシュクを買ってしまった。
しかし、そのこと自体は重要ではないので割愛。笑

20120616_01.jpg

福島県郡山IC辺りに差し掛かり、福島第一原発の近くだよなと思っていたら、とぉるさんが線量計を貸してくれた。
空間放射線量を測る。
これは高速道路を走るバスの中での数値である。
ちなみにこの日、この時間の横浜市環境科学研究所(横浜市磯子区滝頭一丁目)の放射線モニタリングポストの測定値は0.025μSv/h

ちょうどお昼くらいに仙台に到着。
「利久」多賀城店にて牛タンランチ&ビール♪
20120616_02.jpg

実は宮城県に入っても震災の傷跡は見られない。
交通量も多く、一見被災地の印象はない。
ただ、アスファルトが新しい。
都市部、内陸部の復興はかなり進んでいる様子。
「利久」も行列ができるほど混んでいた。
都市部の経済は既に回っているのだ。

ランチ後大曲地区へ。
ここで初めて震災の爪痕を見ることになる。

以下主催者の説明を引用。
「東松島市は、震災に因る津波被害で1200人を超す死者・行方不明者が出ました。大曲地区は特に被害の大きかった地区の一つです。この地区は集団移転が決まっていて、現在、行政と住民の間で個別相談が行われています。ここはまだ解体申請を出していない家が多く、震災直後の様子が残っています。」

20120616_08.jpg

地面はヘドロが混ざった粘土質。
歩くと靴にへばりついてきます。
雨が降ったせいか嫌な匂いもします。
震災後にボランティアで泥をかき出していた方が「久しぶりにこのにおいを嗅いだ」と嫌な顔をしていました。

20120616_09.jpg
家を壊す作業員が重機を使って作業中。

20120616_10.jpg
壊された家はガレキとして運ばれて行きます。

20120616_11.jpg
誰かが大事にしていた自転車。
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わーい!宙玉レンズができたよっ!^^
2012-06-23 Sat 15:01
20120623_01.jpg
Photo by iPhone

今回はコンソメにしました。^^

作り方のサイトにも書いてあったのですが、レンズが長くなると筒も長くなるそうです。
今回は50mmなので35mmに換算すると100mm。
ポテチの筒は1cmくらいしか切る必要がありませせんでした。
正直長いっす。^^;
オリンパスは35mmのマクロレンズもあるので、そっちの方がコンパクトになると思います。

20120623_03.jpg
Photo@Myhome 23.Jun.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + soratama : 1/2000sec f2.8

まあまあ満足してまーす。^^

さて、次はこれをどうにかして水中に持って行くことを考えなければいけないのです。
しかしこの長さはかなり問題があるぞ。^^;

と、ここまで書いてFBにリンクしたら、貴重な助言を頂いた。
「クローズアップレンズを使う」
なるほどっ!

20120623_04.jpg

早速やってみました。

4cmほど短縮できました。
クローズアップレンズは水中用なので陸上用ならもっと薄いのがあるでしょう。

なるほど。
こういう要領でやっていけばいいのか。

柏島POLE POLE DIVEの西村さん。
ありがとうございました!
別窓 | カメラ!カメラ!カメラ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宙玉レンズ
2012-06-20 Wed 20:37
20120612_02.jpg

宙玉レンズという面白いものがありまして。
アクリル板にアクリル球を設置して、玉に映った画を撮るわけです。
詳しくはこちら

最近FBでも使ってらっしゃる方をお見かけするようになりました。
東急ハンズでレンズの材料を買ってきて作ったのですが、近くのカメラ屋ではステップアップリングが品切れ。
探しまわるのも面倒なのでWEBで注文しました。

なのでまだ完成ではないのですが、PCのモニターに映る写真をパチリ。

色々試してみましたけど、マクロだと被写体を選びますね。
画角に収めるならまるい被写体の方がいいと思いました。
写真は川奈のチビケロです。
なかなか可愛く撮れてませんか?^^
ミジンとかダンゴウオもいい感じでした。

でも、このレンズは実はワイドの方が面白いと思っているので、晴れた日に野外で風景を撮りたいです。
早くステップアップリング来ないかな~。
別窓 | カメラ!カメラ!カメラ! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ナズマドの水中草原シリーズ!(笑)その3 ヒメテグリyg
2012-06-19 Tue 10:11
20120520_10.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -5m 20.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + INON UCL165 : 1/100sec f10

ヒメテグリのチビも極小。
これだけ小さいと体の輪郭もよく解らない。^^
これまた5mmくらい?
いや~日本製のカメラはすごいっすね。

<一部のマニアな方へ
このカゴみたいのはなあに?とか聞かないでね。^^;
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ナズマドの水中草原シリーズ!(笑)その2 モンジャウミウシ
2012-06-12 Tue 00:17
20120519_13.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -5m 19.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + INON UCL165 : 1/100sec f8

モンジャウミウシっていうと、やはり暖かい海ですよね。
この子はまだ子供で、1cm程度です。

でも何でモンジャなんだろうな~。

青→黒→黄色の縁取りが綺麗なウミウシ。
俺だったらフチドリウミウシって名前つけるな~。

こういう柄。
デザイナーの方いかがでしょう?
インスパイアされません?
夏物のスカートのデザインとかにどうですか?
こういうラインが入ったら可愛いと思うのですが。

FBでコメントもらってる、伊藤みちよさんの意見とか、プロの意見も聞いてみたいです。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
大瀬崎二本目 セナキルリススメダイyg
2012-06-08 Fri 23:26
20120603_02.jpg
Photo@Sakusita(Osezaki) -10m 3.Jun.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f10

二本目も柵下、マダラリベンジ。

そして外す。
センスなし!笑

敗北感に打ちのめされながら浅場に戻ってくると、きらりと光る黄色と青の小さな魚影が...。

うわ!セナキじゃん!!

いつか伊豆で見たいと思っていた南方系のスズメダイ。
まさかここで会えるとは!

めちゃめちゃ興奮しました。
おしざわさん!いましたよ~!すごいな~!
今年は黄金崎にもでるかもね。
しかしなんで今いるの?^^

20120603_03.jpg
Photo@Sakusita(Osezaki) -10m 3.Jun.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f10

イスズミ群
ホシノハゼ求愛
ヘビギンポ求愛

Max : 39.1m
Temp : 17.5℃
DiveTime : 46min

深場二本で疲れたし、夜にはサッカー日本代表のアジア最終予選もあるので、本日はこれにて終了。

本来ならセナキを撮れて、うほうほで帰るはずなのに。
なんだろう、この気持ち...。

こんなこともあるから、「外海は苦手で~」なんて言ってないで修業しないとな。
なんてやっているうちに大瀬にはまっていくんだろうな~。^^
まあ、マダラはそのうち撮れるでしょう。笑
別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
大瀬崎一本目 サクラダイ♂
2012-06-07 Thu 00:41
20120603_05.jpg
Photo@Sakusita(Osezaki) -38m 3.Jun.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8.0

ダイバーズデイで賑わう大瀬崎に行ってきました。
特に狙いはなかったのだけど、直前でスジチガイやマダラハナダイの出現情報あり。

しかし出ているのは外海だとのこと。
外海は一本松しかわからんのよね~。--:
しかも柵下なんて入った覚えがないぞ。

なので、はごろものしゅうさんにガイドをお願い。
でも、この日はダイバーズデイのカメラマンなのでガイド出来ないとのこと。
がびょーん!

しかたない、自力で行くかと思ったのが大間違い。
案の定、外してしまった。笑

でもこんな深場まできてタダでは帰れないぞ。^^;

群れてるサクラダイ♂の中から、各ヒレの先端まで欠損してない綺麗な子を選んでパチリ。
柵下のサクラダイは初めましてでござる。^^

Max : 40.2m
Temp : 17.9℃
DiveTime : 47min

柵下の深場は先端と違って、ナガハナダイが少ない様に感じた。
別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
ナズマドの水中草原シリーズ!(笑)その1 ツノウミウシ
2012-06-04 Mon 17:00
20120520_12.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -5m 20.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + INON UCL165 : 1/100sec f8

水中草原シリーズ第一回はツノウミウシ。
5mmくらい?
お初でした。

20120520_13.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -5m 20.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro + INON UCL165 : 1/100sec f8

結構動きが早いです。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
水中タンポポ? ケヤリモ
2012-06-03 Sun 00:36
20120519_10.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -?m 19.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f4.0

ナズマドを散策中に、なんじゃこれ?と刺さった生物。

綺麗だったので、とりあえず撮って後で聞こうと思ってたら忘れてた。笑
今日加藤さんのブログに載ってたので判明しました。

ゴカイの仲間だと思ってたけど、海藻とのことです。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
この子ブリの子?ヒラマサの子?
2012-06-02 Sat 00:50
20120519_04.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -0m 19.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

ナズマドのエントリー口にいた、ブリだかヒラマサの子。
このサイズは地味に珍しい。
20cmくらいだったから、本来であれば既に沖に出てる時期だと思う。
背鰭がボロボロだったから、どっかで苦労して沿岸に近づいて来たのかな?

んで、ブリなの?ヒラマサなの?と、手持ちの数冊の図鑑とネットの記事をあさって、既に二時間経過をしております。
分らんな~7:3でブリ?かな~。
しかし決定打がない~!

20120519_03.jpg
Photo@Nazumado(hachijyojima) -0m 19.May.2012
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f8

とまあ、あーでもない、こうでもないと、言いながら楽しい金曜の夜を過ごしてます。
という話でした。^^

皆さんも週末楽しんでね~!
わお!
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。