スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
東京スカイツリー
2015-06-27 Sat 22:19
20150617_01.jpg
Photo@TOKYO SKYTREE Tokyo Skytree 17.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 1600 18mm f3.5 1/20秒

まろさんの夜景撮影会に参加して、東京スカイツリーを撮ってきました。

人混みが嫌いなので、できれば近づきたくない場所です。
しかし、平日で天気がいまいちだったためか、TVで見るほどの混雑はなかったです。

もちろん初めてです。

まずはお隣の東京ソラマチ30Fから。

20150617_02.jpg
Photo@TOKYO SKYTREE Tokyo Skytree 17.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 1600 18mm f3.5 1/20秒


20150617_03.jpg
Photo@TOKYO SKYTREE Tokyo Skytree 17.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 800 18mm f3.5 1/20秒

ちょっと移動して逆さツリー。

20150617_04.jpg
Photo@TOKYO SKYTREE Tokyo Skytree 17.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 64 18mm f3.5 2秒

まろさんありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 街撮り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
八丈島八本目 ツクシトビウオ若魚
2015-06-21 Sun 18:38
20150607_14.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -1m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/250 f8

前日の成果を考えると、この日のナイトも当たらないはずが無かった。

しかも前日不参加だった、普段しょうたちゃんと調査ダイブを行っているパッショーネの平川さんや、コンカラーのコータローさんが参加するとなると期待も膨らみます。
だってライトの数はもとより、八丈の敏腕ガイドの眼が増えれば、当然見つかる生物も増えるに決まってます。

前日と同じく、前半はニザダイやイソギンポの仲間のスケルトンな幼魚がちらほらと言った調子でしたが、後半に一気に来ました。
外洋種であるツメイカ科の一種の幼体、シラコダイのトリクチス幼生、そして、そして、トビウオの若魚や幼魚、、、。

こんなの一生見れる訳が無いと思っていました。

20150607_08.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -1m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/250 f8

まさに夜空を飛んでいるようです。

20150607_09.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -1m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/250 f8

まず目に飛び込んだのは、こんな風に鰭を全開にした正面顔でした。
かっけ~!

どきどきしながらシャッターを切りました。
写っててくれよ~と祈りながら。笑

八丈島ライトトラップ。
これからも目が離せませんね。^^

Max : -13.5m
Temp : 21.2℃
DiveTime : 77mi

しかし1日4本、2日連チャンはかなり疲れたな~。わはは。

これで八丈ログはおしまいです。^^
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
八丈島七本目 アフロー!なオイランヤドカリ
2015-06-19 Fri 01:44
20150607_13.jpg
Photo@Nazumado(hachijyoujima) -15m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/250 f8

レンズをマクロに換えてナズマド~。
結構流れていたからか、加藤さんは馬の背の内側の壁に隠れるようなコースを選択。

帰りに見かけたこいつが、最高にファンキーだった。笑
ヒドラ虫の仲間?を貝殻に付けたオイランヤドカリ。
オイランヤドカリ自体珍しい種類ではないし、ヒドラ虫の仲間?を付けてる個体もたまに見かけるけど、これほど見事に密生させてる個体は珍しい。しかもなんかきれい。笑

見た瞬間、"Sly & The Family Stone"の"Sing a Simple Song"が脳内で再生されました。わはは。

Max : -26.0m
Temp : 19℃
DiveTime : 50min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
八丈島六本目 アオリイカ
2015-06-16 Tue 00:29
20150607_10.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -19m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : 1/100 f8

ライトアップやニタリに気を取られてしまっているけれど、今回の八丈訪問の本来の目的は、新しいカメラと八丈デビューの新しいレンズでイカを撮る事だった。
という訳で八重根へ。

20150607_11.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -19m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : 1/100 f8

20150607_12.jpg
Photo@Yaene(hachijyoujima) -19m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : 1/100 f8

前半はオスの闘争やメスの産卵と、いいシーンを見せてもらったんだけど、カメラのセッティングがカスで、全部没写真...。
修正していい感じに撮れるようになったら、イカの活性がいまいちになって、さらにタイムアップ。
せっかくいいシーンを見せてもらってるのに残念です。
早くこのカメラとレンズに慣れないとね。

いきなり新しいレンズは甘かったな。
また来年リベンジだ。

Max : -19.0m
Temp : 20℃
DiveTime : 53min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八丈島五本目 オキノスジエビ
2015-06-15 Mon 00:30
20150607_02.jpg
Photo@Nazumado(hachijyoujima) -48m 7.Jun.2015
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : 1/100 f8

二日目は海況が回復したのでナズマド~。^^
「オキノスジエビとニタリを見ましょう」と加藤さん。
つまり、「黒潮 is gone」である。笑

まあ仕方ないけどね。

キホシスズメの大群を横目にアビスを目指す。

さすがナズマド。
途中で巨大なヒレナガカンパチやニタリが出現。
でも透明度悪く、撮っても証拠写真程度にしかならないので記憶に焼きつける事にしました。
やっぱりニタリはかっこいいな~。

ほどなくしてアピスの入口に到着。
正直オキノスジエビより、いつもここに群れてるキビレマツカサを撮りたかったのですが、水温低くていない~。

じゃあエビを撮るか~と見るとエビもまばらな感じ。
ダメだこりゃと、3カットだけ取って浮上。
もたもたしたくない水深だしね。

普段は水深100m以深に生息するエビで、水温が下がるとダイバーが潜れる水深まで上がってくるんです。
何年か前にIOPで見ました。
レアものと言えばそうなんだけど、八丈で見なくてもいいかな~。笑

20150607_01.jpg

解りますか?トリミングするとこんな感じです。

帰りにもニタリが出現するが、今回もあえて撮らず!笑

しかしニタリはかっこいいな~。
サメの中で一番好きだな。

アオウミガメと遊びながらのんびり帰る。

Max : -48.6m
Temp : 19℃
DiveTime : 43min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八丈島四本目 オオタルマワシ
2015-06-13 Sat 01:57
20150606_05.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

レグルスの若手ガイド、しょうたちゃんが最近取り組んでる「ライトトラップ」。
夜の海中で、ライトを照らして集まってくる生物を観察するという、最近一部ではやってるダイビング手法です。

「まだ試験段階なので、なにも出ないかもしれません...なので...」と控えめなしょうたちゃん。
今まであまり成果が無かったらしい。

でも、俺も大瀬のナイトでやってるけど、八丈でなんかでない訳ないじゃん。
という訳で、なかば強引に調査ダイブにくっついて行きました。笑

今回はレグルスのINONのライトと、俺のRGBlueをトラップ用に設置しました。

ライトを設置すると、まず現れたのは大きなアオウミガメ。
ライトの光に驚いたようで、パニックになって我々の周りをぐるぐる回ってました。^^;
正直この勢いでぶつかってきたら怖いな~ってくらいの勢い。
かなりビックリしたみたい。
なんかごめん。笑

さて、最初はテンジクダイやニザダイ、ギンポ系のスケルトンな幼魚が集まってきたんだけど、昼間に出てたクリイロカメガイが登場したあたりで、潮の流れが変わったのが解りました。

クリイロカメガイを撮っていたら、徐々に浅場に体を持っていかれて水温も上昇。
そこで何か「ピーン!」と来るものがあって、2人でライトのところまでダッシュ。
途中はすごい数のクリイロカメガイでした。

そしてライトの周りには。

写真のオオタルマワシや、見たことのないクラゲやサルパの仲間が集まってました。

きゃー!笑

オオタルマワシは八丈島初記録なんだそうです。
やったぜ!^^

20150606_06.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

おまけに通称「タルマワシ」(ヨコエビの仲間)まで着いてました。
これはパラサイトか?笑

20150606_08.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

まさにエイリアン。

20150606_09.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

20150606_10.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

別個体です。

20150606_11.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -10m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f9

ヒカリボヤに頭を突っ込んでる個体もいました。
これからタルを作るんでしょうか?

いや~、久々にエキサイティングなダイビングでした。

思えば去年、八丈を訪れた時に、しょうたちゃんに「もっと他を見て勉強した方がいいよ」とアドバイスさせてもらって、それを受けた彼が、冬に武者修行で大瀬で見たライトトラップを八丈に持ち込みました。
そのおかげで今回俺もオオタルマワシを撮れたんだよな~。
全てはつながってるぜ。笑

しょうたちゃん、もっと精度を上げるのだ~。笑

Max : -11.6m
Temp : 19℃
DiveTime : 73min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八丈島三本目 アマミスズメダイyg
2015-06-12 Fri 00:03
20150606_04.jpg
Photo@Sokodo(hachijyoujima) -?m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f8

三本目は底土ビーチ。
なんだかやっと落ち着いてマクロを撮れた。
ボートポイントはやっぱり流れがあって、体を固定するのに苦労するんだよね~。

写真はアマミスズメダイの幼魚。
「なんか真面目に撮ってたね」とガイドの加藤さんに言われたけど、ほんとそうなんです。
フルサイズにしたら、ピントのブレがかなりシビアに出てくるようになったので、その点は気を使います。

でも決まると解像度は半端ないっすね~、と自己満足。
買い換えてよかった。笑

ナギサノツユ
カイメンカクレエビ
サザナミヤッコ

Max : -14..3m
Temp : 19℃
DiveTime : 58min

別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八丈島二本目 クリイロカメガイ
2015-06-10 Wed 22:08
20150606_02.jpg
Photo@Taredo(hatijyoujima) -3m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f8

前日の八丈島では、このクリイロカメガイが潮に乗って何万匹と押し寄せたそうですが、夜にはすっかりいなくなり、これを狙った昨夜のナイトはかなりの切ナイトだったらしいです。笑

そして、この日、これを撮ろうとカメラのセッティングを浮遊系にしてきたOさん。
一本目で見れなくて、ちと残念なご様子。

こういう種類は、広い外洋を潮の流れに任せて漂っているので、たまたま陸に近寄った時にしか出会う機会がありません。
まさに一期一会の運任せ.....。

さて二本目、ポートからエントリーすると、なんと眼の前にいるじゃないですか。笑
パシパシ撮りつつ、Oさんに教えてあげようと待っていたら、エントリーしてすぐに自分で気づいたらしく、撮り始めた。
よかったねOさん。

20150606_03.jpg
Photo@Taredo(hatijyoujima) -3m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f8

何やら粘液のようなものを出してるやつや、やたら元気で他の個体にぶつかってるやつもいて面白かったです。

後から気がついたんだけど、この時八丈島には、カメガイの仲間が何種類か接近していたようです。
死んでるのもいたから、一匹採集してくればよかったな~と後悔。

セロガタケボリ
イソコンペイトウガニ
極小ホクトベラyg
コクハンハタ

Max : -22.1m
Temp : 19℃
DiveTime : 49min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
八丈島一本目 アカボシハナゴイ♂
2015-06-09 Tue 00:47
20150606_01.jpg
Photo@Kyokutyougahama(hatijyoujima) -42m 6.Jun.2015
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : 1/100 f8

八丈島に行ってきました。
「最近ログをちゃんと書いてないなぁ」と反省して、今回から以前のようにマイペースで書くようにします。
今後ともお暇な時にでもお付き合いよろしくお願いします。

さて、八丈の巨大アオリイカの産卵を撮りたくて、GW明けあたりからずっと黒潮情報とにらめっこしてしてたわけですが、やっと黒潮が到来した週末は仕事が入ってしまいました。おお....。OTL

まあ、一週くらいずらしても大丈夫だろうと思っていたのですが、これがなかなか甘く無かった。笑

風が強くて海が荒れてるということで一本目はボート。
目指すポイントは局長浜。黒潮が当たっていれば全くウエルカムな大物を狙えるポイント。
昨日はハンマー、マンタ出てるし、今日はジンベイも出るかもよ~なんて盛り上がってエントリー!

だったのですが。

「お~すごい抜けてる!青い~!きもちいい~!ん?でも水温低くない?」
と思っていると案の定、ガイドの加藤さんが深場に下りるよ~と合図。

まじか。

若干テンション下がり気味で深場に下りていくと、キンギョハナダイの群れの中を加藤さんが指す。
「お~アカボシのオスだ~」とここから現金にもテンションMAX!笑
アカボシは今まで幼魚ばかりで、オスは撮れて無かったからね。^^
生息域はアサヒハナゴイより南方になります。

しかしキンギョが邪魔だな~。
なにもこんな水深までいなくていいのにって思ったけど、個体数の少ないアカボシのオスは、実はキンギョのメスのふりしてキンギョの群れに混じってるのかな?
あ、単なるしろーとの妄想です。

Max : -42.8m
Temp : 19℃
DiveTime : 50min
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| マメマクラの記憶2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。