復活の大瀬崎 キアンコウ
2016-02-14 Sun 13:54
20160212_03.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -21m 12.Feb.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 100 23mm f4.0 1/60秒

昨年の11月に椎間板ヘルニアを発症してしまい、およそ3カ月間海を休んでました。
未だ左足の膝から下に痺れが残っている状態ですが、少しずつ良くなってきています。
しかしMRIってはっきり写るんですね~。
椎間板が飛び出して下に潜り込んでましたよ。

さて、埃を被ったハウジングを持って、久々に大瀬崎へ向かったのですが、さすがブランクダイバー、フードとダイコンを忘れました。笑
ダイコンは予備がハウジングに付いていたのでいいのですが、さすがにフードはレンタルしました。

「まさ!一番でかいのくれ!」
ええそうですとも、頭大きいです。^^;

キアンコウいますよ~と教えてもらったのでワイドで一本目。
しかしウエイトベストでのドライは初だったので水中バランスが取れずあたふた。
足に空気が溜まって吹きあがりそうになるのをこらえていたら、足がつりそうになりました。
仕方が無いので二本目はアンクルウエイトを借りましたよ。
これで快適。^^
誰かいらないアンクルウエイトがあったら下さい。笑

20160212_02.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -21m 12.Feb.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 200 23mm f8.0 1/200秒

INONの新製品カーボン伸縮アームボディが試用出来たので、キアンコウで試撮りしてきました。

材質がカーボンなのでめちゃめちゃ軽いです。
今の自分のワイドシステムではアルミのアームだとマイナス浮力になりますが、これだとちょうど中生浮力になりました。
今回はMサイズを試用しましたが、自分の使い方ではSサイズで十分ですかね。
最大に伸ばすとD2000では光量が足らない印象です。
アームの長さを水中で自在に変えられるのは、ライティングの幅が広がって非常に面白いと感じました。
あと、ワイドとマクロでアームを2種類使い分けられている方は、これだけでどちらも対応できるのではないでしょうか?
器材の軽量化も期待できると思います。

20160212_01.jpg
Photo@Wannai(Osezaki) -21m 12.Feb.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 200 23mm f8.0 1/200秒

帰り、「久々に来てみればキアンコウに当たるなんて俺も運がいいな」と思って駐車場の車を見ると。
鳥のウンチまみれでした。笑

Max : -23.1m
Temp : 12℃
DiveTime : 39min

Max : -21.8m
Temp : 13℃
DiveTime : 53min

別窓 | 大瀬崎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<水深3cmのクロシタナシウミウシ | マメマクラの記憶2 | ドライブーツの修理とフェルトソールの貼りつけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |