スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
陣馬の滝とか
2016-08-23 Tue 02:23
20160821_01.jpg
Photo@Mt.Fuji 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO800 18mm f6.3 1/100s

ダイビング仲間に誘われ、富士山へ陸撮に行ってきました。
先ずは車で2合目まで行って、森へ。

20160821_10.jpg
Photo@Mt.Fuji 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO400 F5.0 1/200s

かなり整備された環境なのですが、それでも植物の生命力を感じさせてくれる森でした。

20160821_02.jpg
Photo@Mt.Fuji 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED : ISO 800 18mm f6.3 1/100s

20160821_09.jpg
Photo@Lake Tanuki 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO100 F8.0 1/200s

次は田貫湖へ。
有名な富士山スポットに三脚を立てましたが、富士山は雲に隠れて画にならず。
ふと下を見るとアメンボの影が可愛いらしくパチリ。

20160821_04.jpg
Photo@Jinba no taki 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED : 24mm ISO125 F8.0 1/8s

そして陣馬の滝へ。
さわやかな水温の滝つぼに入り、自前の「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」で撮りまくった後に、同行したしんのさんが神レンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G」を貸してくれるとおっしゃる。
せっかくなので同じ構図で撮ってみました。

20160821_05.jpg
Photo@Jinba no taki 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED : 70mm ISO200 F2.8 1/25s

いつも現像前に簡易再生された写真を見て、少しでも気に入らない写真は削除するのですが、それをやったら「AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED」で撮った写真はすべて没になってしまいました。
やっぱり24-70を買うしかないか。

20160821_06.jpg
Photo@Jinba no taki 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO64 F8.0 2s

20160821_07.jpg
Photo@Jinba no taki 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO64 F8.0 0.5s

その後は60mmで気になった滝の部分を切り取ってみました。
今回は水の当たる岩のメタリックな質感を損なわず、かつ滝の筋が飛ばないように気を付けたつもりです。

20160821_08.jpg
Photo@Mt.Fuji 21.Aug.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO200 F9.0 1/50s

さて、帰ろうかと帰途についたとたん、それまで雲に隠れていた富士山が、不思議な色を出して現れました。
普通、夏の富士山は雪が無くて全体が真っ黒なのですが、この時は山頂から下が赤く色付いてました。

助手席のしんのさんと「どうする?もどるか?」なんて話していたら、前を行く、たくやくんカーが停止。
たくやくんカーに乗っていたまころんさんが「こんなの珍しいから撮りましょう!」と。

なんだかおっさんより女性の方が行動力も決断力もあるよね。笑

ビューポイントを任されたので、しばし車を走らせてカンで場所を探して撮りました。

しかしこの光景も長くは続かず、小一時間もしないうちに真っ黒な富士山に戻ってしまうのでした。
別窓 | 山とか川とか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ライバル アカオビハナダイ♂ 大瀬崎 | マメマクラの記憶2 | ブルーボトル ミジンベニハゼ 大瀬崎>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。