スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
9月の八丈島 ライトトラップ編 カニ類のゾエア幼生、メガロパ幼生
2016-11-29 Tue 02:25
20160904_06.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 4.Sep.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO125 f16 1/250

全国一千万人の甲殻類マニアの方々、お待たせしました。
今回は浮遊する甲殻類の幼生の写真です。

先ずはカニ類のゾエア幼生と呼ばれてるものです。
エビ・カニ・ヤドカリ・シャコなどの幼生は発育段階で様々な呼び方をされていて、主に胸部の付属肢で泳いでいるものをゾエア幼生と呼んでいます。

20160904_07.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 4.Sep.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO125 f16 1/250

胴体部分をアップにしました。
なんか痛そうな針が...。

20160904_08.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 4.Sep.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO125 f10 1/250

そして次の段階が、腹部の付属肢で泳いでいるメガロパ幼生です。
目つきが悪いですね。

20160904_09.jpg
Photo@ Sokodo(Hachijyoujima) -7m 5.Sep.2016
NIKON D810 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED : ISO100 f13 1/250

肢を広げたところを後ろから撮ると、足や尾の関節の様子がよくわかります。
ゾエアよりカニの形に近づいてますね。
今回は小さめのメガロパをよく見かけましたが、小さいやつは動きが速くて撮るのに苦労します。
別窓 | 八丈島 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<9月の八丈島 ライトトラップ編 イットウダイ科の仲間の稚魚 リンキクティス幼生 | マメマクラの記憶2 | 9月の八丈島 ライトトラップ編 カスリフサカサゴの稚魚>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。