スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
電子マグニファイヤー クリアクリーナーシュリンプ
2008-02-11 Mon 00:21
20080202_7.jpg
Photo@Futo -5m 2.Feb.2008
OLYMPUS E-410 ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro : 1/100sec f10

この子はライトの光が必要な、周りがサラサエビだらけの暗い穴の奥にいた。
しかし穴の入り口が狭いので、レンズを穴の中に向けるとハウジングのホットシューにつけたフォーカスライトの光が穴の奥まで当たらない。
困った事にこんなに暗い状況だとAFはジージー迷うばかりでまったく機能してくれないのだ。
じゃあマニュアルでとファインダーを覗いても、暗くてピントがまったく解らない。
前回は宮崎で見たんだけど、その時も穴の奥だったのであきらめた。
こんなのはC5050では撮れない。

さてどうしたものかと思ったが、前にMRSの記事で紹介した、液晶モニターに被写体を7倍、10倍に拡大表示して行うMFを試してみた。
やってみると液晶でも暗い事は変わらないのだけど、像が大きいし、液晶の明るさも変えられるので何とかなりそうだ。
これ正式には電子マグニファイヤーという機能らしい。
左右のストロボはポートの横にピッタリくっつけて再度チャレンジ。

20080202_8.jpg

拡大表示しているときの液晶はこんな風に見える。
液晶の画を記憶から再現。(笑)
MFでじわりじわりとピントが合ってくるのを見るのが楽しい。
動かない被写体のマクロ撮影にはかなり使える機能だと思った。
これからはマクロはこれだな。

しかし、おかげさまでピントは合ったのですが、海草が被写体に被ってしまっていたので結果的に失敗写真ですな。
わはは。
やれやれ。
別窓 | カメラ!カメラ!カメラ! | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<メガマウスシャーク | マメマクラの記憶2 | ホウボウyg>>
コメント
そんな状況でも撮れるんですね~

フォーカスライト外して、穴ん中に、、、無理か、、、
2008-02-11 Mon 10:50 | URL | なべさん #-[ 内容変更] | top↑
5060なら撮れるよ。
2008-02-11 Mon 16:54 | URL | sealion #PZwFECBc[ 内容変更] | top↑
■ れすですれすです
v-39なべさま
>フォーカスライト外して、穴ん中に、、、無理か、、、
無理じゃないです。
逃げないように配慮できれば...。

v-39sealionさま
そうなの?ピント合いますか?
すごいですね。
2008-02-11 Mon 23:33 | URL | きんすけ #-[ 内容変更] | top↑
じゃあ、近日中に記事にします。
2008-02-12 Tue 00:36 | URL | sealion #PZwFECBc[ 内容変更] | top↑
では期待してます。
2008-02-12 Tue 01:28 | URL | きんすけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。