スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
マイクロフォーサーズ~フランジバックの短縮と撮像素子の進化その一
2008-08-12 Tue 01:59
index_img_lensbody.gif

フォーサーズシステムをよくご存じの方ならフランジバックの短縮というと「なんでやねん?」と突っ込みが入るかもしれない。
フォーサーズシステムのウリの一つがテレセントリック性の確保であり、その為のフランジバックの長さだったからである。

”デジタルカメラのイメージセンサー(撮像素子)は深い井戸に例えられます”
とはカタログにてフォーサーズの優位性を説明する最初の言葉だ。
深い井戸の底を受光面に例えると、井戸の底を照らすには光を垂直に入れる必要がある。
これを実現するのがデジタル専用設計のレンズであり、他のシステム比較して長いフランジバックの長さだったはずなのである。
フランジバックが短くなればなるだけ光の入射角度が増加し、光は井戸の壁にさえぎられて底に届か無くなってしまう。
それが画質の低下を招く。

20080620_12.jpg
20080620_12.jpg

たまたま見たフォーサーズユーザーのブログではこれの理由について「他システム(フルサイズ、APS-C等)並の”妥協”なのでは?」と書いてあった。
つまり更なるボディの小型化の為にこだわりを捨て、多数派である他システムのユーザーが受け入れている程度の画質低下を”妥協”して受け入れたのではないかとの見方だ。
しかし理論に理論を積み重ね、時に愚直とまで揶揄されたフォーサーズ規格(わはは)なのに、ここにきてそんな”妥協”をするであろうか?
私にはそうは思えない。
私は最近の撮像素子の高性能化が、このフランジバック短縮の決断に踏み切らせた大きな要因なのではないかと考える。
つまり”深くない井戸”が出てきたのだ。

すいません、眠くなってきたので今日はここまでで。
だって、23時までプールで泳いでいたので....。
別窓 | カメラ!カメラ!カメラ! | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<マイクロフォーサーズ~フランジバックの短縮と撮像素子の進化その二 | マメマクラの記憶2 | マイクロフォーサーズ~発表>>
コメント
でも、「原理的」にいったら画質低下のファクターになるんじゃない。キヤノンは短いらしいですね。
2008-08-12 Tue 10:55 | URL | 島雄 #uebO3AU.[ 内容変更] | top↑
マイクロフォーサーズの話題が各所で盛り上がってますね。
わたしも、フォーサーズの将来については、それほど悲観的ではありません。

こんな記事もありますよ。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/11/9015.html

今年中に複数のフォーサーズ機をリリースするというのは、楽しみです。
2008-08-12 Tue 18:05 | URL | 富居狼男 #fvSEn3D6[ 内容変更] | top↑
フォーサーズシステムって、交換レンズが使えるデジカメの企画ってことかな?
2008-08-12 Tue 21:58 | URL | なべさん #-[ 内容変更] | top↑
■ れすですれすです。
v-212島雄さま
フランジバックの短縮は間違いなく画質低下のファクターだよ。
ただそれを吸収できるファクターもまたあるのさ。
>キヤノンは短いらしいですね。
それがフォーサーズ陣営のいうフォーサーズの優位性ですよ。

v-212富居狼男さま
読みましたよ~もちろん。
>今年中に複数のフォーサーズ機をリリースするというのは、楽しみです。
”複数”というのがミソだと思いませんんか?
とうとうE-xxの登場ですかね?

v-212なべさま
おっと、そうきましたか。
こちらをどうぞ。
http://www.four-thirds.org/jp/index.html
2008-08-12 Tue 22:54 | URL | きんすけ #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
う~ん、もうちょっと勉強しまっす~
2008-08-13 Wed 23:41 | URL | なべさん #-[ 内容変更] | top↑
すいません、ほんとは今ここである程度解説できれば良かったんですけど。
2008-08-15 Fri 01:34 | URL | きんすけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。