スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
マイクロフォーサーズ~新マウント、新レンズ
2008-08-15 Fri 00:03
index_img_lensbody.gif

マイクロフォーサーズではマウント外径が6mm縮小し、電気接点数が9点から11点となった。
マウント外径が縮小し先にふれたフランジバックが短縮されたので、そのままでは既存のフォーサーズレンズは使用できない。
マイクロフォーサーズ専用のレンズが必要となる。

マイクロフォーサーズのレンズはボディのフランジバックが短くなったため、フォーサーズとは逆に広角側が期待できる。
コントラストAFに対応し、動画撮影に対応するため、よりボディとの情報交換を密接に行う必要がある。
電気接点数を増やしたのはこのためだろう。
たった2点の増加と思うなかれ、これをビットだと考えると9ビットが11ビットとなったのだ。
扱える情報量は単純計算でフォーサーズの4倍となる。

ボディに合わせてレンズも小型軽量となると当然レンズ口径は小さくなると思われるので、明かるくしようとすると今までより高度な光学技術が必要となるだろう。
ちなみにこのレンズは当然フォーサーズ機では使用できない。
マイクロフォーサーズはフォーサーズよりフランジバックが短いのでどうにもならないだろう。

では逆にマイクロフォーサーズのボディで、フォーサーズレンズは使用できるのだろうか?
発表では短縮されたフランジバックの距離を埋めるアダプターを使用することで可能としている。

index_img_lensbody.gif

しかしこれには問題がある。

とにかく一番の問題はAF。
マクロフォーサーズボディは光学系のユニットを排除するため、デジタル一眼レフで一般的な位相差AFを採用せず、コントラストAFを採用すると思われる。
しかし既存のフォーサーズレンズは一部を除いてコントラストAFに対応していない。
オリンパスはこれに対しファームアップにより順次コントラストAFに対応していくとしている。
こう聞くとなんの問題もなさそうである。
しかし、実際はどうだろう?
今年の3月に14-42mm、40-150mmがファームアップで対応して以来その後は新規発売となった25mmのみだ。
パナソニックライカレンズも割と最近の3本のみ。
どうもE-410の発売以前(14-42mm以前)のレンズはコントラストAF対応の可能性は薄いのではないかと疑ってしまうほどのローペースである。

こうなったらMFで動画撮影をするしかないみたいだ。
わはは。
まあ、実際はコントラストAFに対応してないレンズだと動画撮影モードにならないかもしれないけど。

とまあ、実際はマイクロフォーサーズの小型軽量ボディの良さをスポイルしないためにも専用レンズを使用した方がよさそうだ。
別窓 | カメラ!カメラ!カメラ! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<マイクロフォーサーズ~で、結局どうなのよ? | マメマクラの記憶2 | マイクロフォーサーズ~光学ファインダーに代わるもの>>
コメント
コンパクトで広角に有利で動画も撮れて高画質。
今のコンデジに求められている要素をすべて含んでいますね。
あとはどこまでサイズと価格をコンパクトにできるかですね。

動画撮影は撮像素子をどう使うんでしょう?
トリミング?それともビニングで高感度撮影可能に?
2008-08-15 Fri 00:42 | URL | どーら #bnrbbJ5U[ 内容変更] | top↑
>今のコンデジに求められている要素をすべて含んでいますね。
どんなのが出てくるか楽しみですね~。
本文には書きませんでしたけど、レンズは12mm~25mmまでで何本か単焦点でマニアックに揃えてほしいですね。
>ビニングで高感度撮影可能に?
そんなことよく知ってますね、さすが!
まあ、撮像素子はパナが新開発したLiveMOSになるかと思いますが、そのあたりも楽しみです。
2008-08-15 Fri 01:31 | URL | きんすけ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。