スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
福島県の放射線量も計算してみた。
2011-03-26 Sat 04:01
実は今週、仕事の合間に福島県の放射線量の測定結果もコツコツと収集、分析していたんだけど。
あまりにショッキングな内容だったので公表を控えてた。

しかし本日(3/25)日本政府は、福島第一原発から30km以遠でも高い放射線が測定された結果を受け、各自治体は自主避難希望者に対して便宜を図るよう要請した。
と言うことは俺の素人分析もあながち間違ってないと言うことじゃん。
ならば公表させていただく。
内容は政府発表よりシビアですよ。
専門家は何をしている?と言うかTVで解説している原発の専門家も結局推進派なんだよな。
そうなると誰がこの事態を客観的に解説できるんだ?

さて、下に文部科学省が公表した福島県内の空間線量の結果を表に起こした生データを掲載している。
興味のある方はここから見てほしい。

この生データで特に目を引くのが北西の方角の放射線量の異常さである。
他の方角では南の放射線量が次に目をひくが、北西の放射線量は群を抜いている事が解ると思う。

と言う訳で3/21~3/24の北西のデータを集計した結果が下記表である。
3/213/223/233/24
距離(Km)サンプリング件数放射線量(μSv/h)サンプリング件数放射線量(μSv/h)サンプリング件数放射線量(μSv/h)サンプリング件数放射線量(μSv/h)
20km220118114213
30km660455.2443931.4
40km612.6511.845.7110
45km94.554.7415.312
60km24.828.41423.5


この結果を見て、特に目を引くのが30km圏の数字の異常さである。
これはどこなんだろう?
すぐに避難させないといけないレベルだと思うのだけれど、屋内退避で問題ないレベルなのか?

次に気になるのは、避難勧告や屋内退避勧告の出ていない40km以遠の放射線量の量である。
そこで、この四日間の平均を出して、距離毎に地震発生翌日からの被ばく量を算出してみる。

・四日間の平均
距離(Km)放射線量(μSv/h)
20km16.25
30km47.42
40km10.04
45km6.62
60km5.16

3/12~3/24の13日間の一日2時間を外で過ごした場合の積算被ばく量(屋内は無視する)

・地震発生翌日から3/24までの積算放射線量
距離(Km)被ばく量(μSv)
20km422.50
30km1232.86
40km261.01
45km172.06
60km134.23


積算放射線量は以上となり、一般人の限界線量で考えた残日数(これからそこにいられる日数)を算出すると。

・一般人の限界線量で考えた残日数
距離(Km)残時間残日数
20km37.5718
30km00
40km75.6137
45km127.1163
60km169.7084


となり、既に30km圏では限界線量を超えてしまっていることが解る。
40km以遠もリミットが迫っている事が解る。

しかし農業従事者等の屋外にいる時間を1日2時間と言うのはナンセンスである。
なので、3/12~3/24の13日間の1日12時間を外で過ごした場合の積算被ばく量を計算すると。

・地震発生翌日から3/24までの積算放射線量
距離(Km)被ばく量(μSv)
20km2535.00
30km7397.13
40km1566.05
45km1032.33
60km805.35


・一般人の限界線量で考えた残日数
距離(Km)残時間残日数
20km00
30km00
40km00
45km00
60km37.703


この結果についてどう思います?
正直計算間違いであってほしいと思います。
こうなると北西の60km以遠の放射線量も気になります。
せめてもの救いは、この四日間のデータを見る限り全体的に放射線量が減少していることかな。
このまま大きな事故もなく減少してほしいところです。

【生データ】
・3/21
方角北西西北西西南西
サンプリング回数42741168
時間10-138-1810-1111-1711-1610-15
20km 20 2.61.27.46
25km2.8 4.56.4
30km 60.633.62.0 5.3
35km 1.31.3 2.8
40km 12.6 2.90.5
45km1.84.5 1.5
55km 8.8
60km 4.8


・3/22
方角北西西北西西南西
サンプリング回数4214637
時間11-128-1510-1410-1210-148-15
20km 18 1.51.23.9
25km1.8 2.03.6
30km 55.217.61.9 5.6
35km 1.51.2 3 1.7
40km 11.8 1.8
45km1.54.7 0.6
50km 3.6
55km 8.6
60km 8.4


・3/23
方角北西西北西西南西
サンプリング回数41941168
時間11-128-1510-1410-12107-10
20km 14 1.41.14.2
25km1.1 75 9.6
30km 43222.8 5.5
35km 1.5 1.6
40km 5.7 0.9
45km1.43.8 1
50km 2.8
55km 6.8
60km 4


・3/24
方角北西西北西西南西
サンプリング回数31611049
時間9-117-151110-1510-149-14
20km 13 1.713.1
25km57.7 2.55.6
30km 31.422.1 4.2
35km 2.5 2.4 1.8
40km 10
45km 2 1.4
55km
60km 3.5



2011/03/27:追記
ICRPが一般の年間許容量を当面20mSv/年に引き上げるよう日本政府に求める声明を発表した。
緊急事態発生時の一時的な緩和基準だそうで、20~100mSv/年の範囲ならば健康影響の心配がないそうだ。

基準を変えてどうするんだ。
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<ひみつのウミウシ | マメマクラの記憶2 | ところで俺は大丈夫なのか? 被ばく>>
コメント
計算プロセスそのものは間違ってないし、仮定は仮定だからそういう条件での試算ということでいいんだが。

問題は現在設定されている限界値が「絶対安全な値」であって「超えると危険な値」とはたぶん大きな乖離があるということ。

たとえば国際線のパイロット、1往復で100μSvとして、年間何往復するんだろう? だからといって国際線のパイロットの発癌率が高いとかいう話は疫学的にはないようだ。

また、同じ被曝線量でも短時間で受けるのか、長期間にわたって少しずつ受けるのとでは話が違うらしい。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110326/dst11032600380002-n1.htm

ということは、X線CTスキャンは結構リスクのある医療行為なのかな? もちろんメリットのほうが上回るからやるんだろうけど。
2011-03-26 Sat 12:49 | URL | sealion #PZwFECBc[ 内容変更] | top↑
検証あざっす。
そもそも被ばくする職業に付いていない一般人としては「絶対安全な値」の範囲内にいたいですよ。
ガンや遺伝障害は個人差もあるでしょうし。
>また、同じ被曝線量でも短時間で受けるのか、長期間にわたって少しずつ受けるのとでは話が違うらしい。
それはそうらしいですね。
放射線医療行為はリスクとメリットのどちらを取るかですね。
2011-03-26 Sat 16:04 | URL | きんすけ #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
外国人が大阪に避難するワケっすねv-16
2011-03-26 Sat 21:53 | URL | mocchy #-[ 内容変更] | top↑
■ web
なんか細かい間違えはあるようだけど、読み物(まとまっていない)としては興味深いです。

http://takedanet.com/
2011-03-27 Sun 20:55 | URL | 島雄 #uebO3AU.[ 内容変更] | top↑
■ れすですれすです。
v-17mocchyさま
日本人が冷静だってのは嘘だ。
地震に慣れて危機を認識できてないか、横並び意識が強いだけだと思う。
買占めなんかはあっという間に広がった。
目の前で商品が無くなるから伝染しやすいんだよね。
福島の人も、隣が逃げないからまだ大丈夫だよね?って言い合っているだけだで、何かのきっかけでパニックになるよ。

v-17島雄さま
そちらのカリスマみたいだね、この人。
ニュース映像を動画で見たよ。
ありがとう、読んでみる。
2011-03-27 Sun 23:46 | URL | きんすけ #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。