福島第一原子力発電所事故一ヶ月後における セシウム-134, -137の西部北太平洋における拡散状況について
2012-02-23 Thu 23:36
image2.jpg

汚染水によるセシウム-137拡散状況シミュレーション結果(4月14日~4月26日の平均値)

久々の原発ネタです。
関東以西の方はいまいちピンとこないかと思いますが、関東以東ではこれから何十年も心配のネタが尽きませんわ。

福島第一はいまだ放射性物質をばらまいてる状況で、問題は現在進行中。
原発なんてこりごりなのに、「事故処理の費用がかさんでるし、化石燃料買うから、残りの原発動かさないと電気料金上げるぜ!ヘイヘイ!」と高給取りの...様に脅されてる関東民です。
円高なのにね~。
あたま悪いのかね~。

原発ってクリーンでコストも安い!
マジっすか!素晴らしい!

はぁ。
事故ると誰も近づけないほどの環境破壊、補償金は....(以下略)

使用済み燃料は行き場所がなく、福島で言うと、使用済み燃料は4号機のプールに置きっぱなし。
これ、4号機が倒れたら、むき出しの使用済み燃料が地上に放り投げられるってことですよ。

ちなみに現実的に4号機は建物が倒壊の危機で、現在必死で補強工事をしてます。

そもそも時代遅れなんですよ、原発は。
原料のウランは100%輸入だし、試算によると、化石燃料より早く枯渇することが解っている。
で、燃料のリサイクルを考えて企画した「もんじゅ」は事故続き。
なのでフランスもドイツも燃料リサイクルはあきらめて、使用済み燃料を金払ってロシアへ。
ロシアはシベリアで使用済み燃料をコンテナに詰めて放置...。

他のエネルギー開発してなかったのは誰の怠慢なんですかね~。
やれやれでーす。^^;
このままだと全国的に原発停まりそうだから、東電以外も電気料金上げると言いそうですね。

さてさて、たまたま見つけたこのJAMSTECのシュミレーションによりますと。
福島第一から排出された大量の放射能汚染水は、親潮の支流にまかれて福島の沿岸に滞留。
そして、一部は親潮の本流に乗ってハワイ沖に拡散するようです。
海に流れ出たガレキと同じですね。
アメリカさんが怒りだすか~?笑

詳しくはこちら

これだけ見ると、黒潮のおかげで房総以南は影響が無いように見えます。
生物濃縮はまた別の話だと思いますが、房総以南の海に入ること自体は問題はないように思えます。
まあ、海産物の生物濃縮にしたって、福島や茨木産の根魚や海藻、貝類を避けていれば、問題ないって言えるんじゃないかな?実際、福島や茨木沿岸で水揚げされた魚介類は出荷制限されてるし。

で、生物濃縮で問題になるのは、この辺りを動いてる回遊魚。
代表的なのは、東北沖で餌を取る下りカツオなんだが、これを食うかどうかは個人の判断ですな。
おれはおっさんだから去年も食ったけど、子供にはしばらく食わせない方がいいのかもね。
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<終わった♪ ナガサキスズメダイ | マメマクラの記憶2 | 最近好きなバンド indigo jam unit>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |