スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | page top↑
小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第三回 小渕浜
2012-06-28 Thu 19:20
20120617_01.jpg

予定通り夕方に小渕浜へ到着。

お泊まりは「民宿めぐろ」。
上の写真はこの宿の二階の窓から撮影。
津波の第一波は向かって左から現れ、第二波は右から現れた。
そしてそれぞれ民家や漁業施設を飲み込み、中央で渦を巻いたらしい。

この民宿は下に見える地面から6~7m(もっとあるかな?)程の高台に建っているのだが、それでも一階部分が浸水したとのこと。
写真の地面に縦に伸びるコンクリート跡が建物の基礎。
つまり中央横に伸びる細い道以外は建物が建っていたのだ。

20120617_03.jpg
こんなふうに建物の基礎部分だけが残されている。
日本の木造家屋は水が来ると浮いてしまったとの事だった。

中央左は民宿「あたご荘」。
一階部分は壊滅状態。
二階部分はかろうじて残ったので、地元の方が整備してボランティアの宿として使っていたそうだ。
20120617_18.jpg
近づくとこんな感じ。

中央右手は港に積まれたガレキの山。
まだ使える漁具等が混ざっているので、分別をおこなっているそうだ。
20120617_02.jpg
手前のウキ一つとっても、新しいのを買えば何万円もするらしい。
簡単には捨てられない。

20120617_24.jpg
画像提供:ちーさん
港も地盤沈下で酷い状況だったのだが、現在は一部に土嚢を敷いて嵩上げしてある。
(左側に並んだ黒い袋)


さて、夜は一週間ぶり(笑)に小渕浜の漁師達と再開して宴会。
新鮮なトゲクリガニ、シャコをはじめとする海の幸でもてなしてくれた。
20120617_21.jpg
画像提供:ちーさん

20120617_23.jpg
画像提供:ちーさん

むさぼり食う参加者たち。笑
それを笑顔で見る漁師たち。

聞けば小渕浜の海は豊潤な海である。
ワカメ、カキ、ヒラメ、シャコ、カニ、アナゴ....。

しかし現在、漁師達の経済的な復活を阻む深刻な問題が持ち上がっている。
水揚げされた魚介類の放射能汚染である。
今年4月に施行された食品に含まれる放射性セシウムの新基準値は一キロ当たり100ベクレル。

現在、小渕浜では高級魚のヒラメが出荷自粛に追い込まれている。
ヒラメが売れたら生活が上向くと期待していた漁師達の落胆ぶりは大きい。

20120617_25.jpg
画像提供:ちーさん
籠の中には計量待ちのヒラメがぎっしり。

しかも福島の漁師のように国や東電からの補償はない。
今後補償金の交渉をするために、水揚げ高を測り廃棄するだけだ。
苦労して獲った魚を重さを測って廃棄する虚しさは計り知れない。
こういう復興にかける漁師達の苦労はネット以外ではなかなか報道されない。

20120617_04.jpg
こんなのも上がる。
このアンコウも放射能検査待ちだ。

そして国は安全対策が十分ではない原発を再稼働させる。
そもそも基準値を引き下げたのも、現状を無視した対外的な安全アピールなのかもしれない。
放射性物質はもう充分拡散されたので基準を下げますと。
しかし実際は放射性物質は思ったより拡散されずに蓄積されているではないか。
*6/25八戸港で上がったマダラも基準値越えで出荷自粛へ。

翌朝もまだ雨が降っていたが、漁師の幸市さんが船を出してくれるというので、希望者のみでミニクルージング♪
港まで歩いて行くうちに雨は止み、とても爽快なクルージングとなった。
飛び込みたい!笑

なごり惜しいが、ツアーは続く。
幸市さんに見送られ小渕浜を出発。
またくるよ~!^^

20120617_05.jpg
別窓 | てげてげ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第四回 小網倉浜~女川 | マメマクラの記憶2 | 小渕浜ふるさとプロジェクトツアー 第二回 石巻門脇地区~鮎川地区>>
コメント
■ 今回の最大の後悔・・・
朝の雨音で、勝手に諦めて?!クルージング?!に参加しなかったこと・・・

本当に、このシャコとカニはめっちゃくちゃ美味かったね!!!
うちの野菜と交換したいよ。笑
2012-06-28 Thu 21:20 | URL | Julia #sSHoJftA[ 内容変更] | top↑
■ れすですれすです。
ホントだよ。
船上で佐藤さんに「あれ?Juliaさんは?」って聞かれたよ。笑
野菜持って行って配ると喜ばれるかもね。^^
2012-06-28 Thu 21:56 | URL | きんすけ #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。