川奈二本目 ヒメイカ
2013-02-13 Wed 00:52
200130120_05.jpg
Photo@Kawanabeach(kawana) -10m 20.Jan.2013
OLYMPUS E-620 ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye + EC-14 : 1/180sec f14

川奈二本目。

ビヨラー達がうどん?豚汁?の配給を受けて無邪気に「はふはふ」喜んでいる姿を横目に、「俺がダンゴを探し出してやる...。」今なお川崎のRyuと恐れられる男は静かに、しかし凶暴な情熱を目に宿すのであった。

燃える男がダンゴ岩に張り付いているので、俺はその周りをぐるぐる散策。
頭上には「ワカメの養生ロープ」と教えてもらったロープ。
一見なんの工夫もなくロープがただ張ってあるように見えるのだが、これでワカメが付くのかね?
小渕浜はもっといろいろやってるように思ったが。
まあ、生育環境も水産資源としてのワカメの重要度も違うんだろうな。
なぁんて思いながら、ふとカメラのハウジングを見ると、GoPro(動画用のカメラ)が無い!!

焦ってコースを戻ると幸い本体は見つかったが、グリップに取り付けるネジが無い。
まずこいつが外れてその後本体が外れてしまったのだろう。
その後砂地を広範囲にネジ探し。
20分後にようやく見つかったけど、これは何か対策を講じないとそのうち無くすなぁ...。

さて、凶暴な情熱を持ってダンゴの捜索に挑んだアニキも40分近くなるとギブアップ。
まあ仕方ない、現地ガイドですら見つけられてないのである。
アニキが離れたダンゴ岩に近寄ってみると、アントクメの下に二匹のヒメイカを発見。ヒメイカってのは世界最小のイカちゃん。なので、こんなのはワイドでは普通はあきらめるのだが、なぜかこの時「ヒメイカをワイドで撮る愚か者」という言葉が頭に浮かんで、それが妙に面白かったので撮ってみた。
しかし撮ってみるとこれがなんだかヒメイカらしからぬ体色。
アオリの幼体かと思ったのだけど、この時期こんなアオリの幼体いませんよねぇ。
どう思います?

撮ってると下からサビハゼがツツーっと上がってきて、「わっ!わっ!食われる」とサビハゼを追い払おうと手をシャッターから離したらヒメイカが墨を吐いてサビハゼを撃退した。

「おお~!ちっこいくせにすげえなお前!」とほんとに声に出して言ったが、すぐにシャッターチャンスだった事に気づき「ぐぬぬ...。」

まあ、こんな穏やかな川奈の砂地で「捕食シーンなど似つかわしくないわ!」と、うそぶくきんのすけちゃんなのでした。

川崎の兄貴。
今回もお疲れ様でした。
また遊んでくださいね~。
m(_ _)m

Max : 11.4m
Temp : 13℃
DiveTime : 49min
別窓 | 川奈 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<春節 | マメマクラの記憶2 | 川奈一本目 オウギウミヒドラ>>
コメント
■ 凄い
きんすけさん、おはようございます、アラックです。
どんなに寄ったのですか?
ポートにくっついているのではないですか?
素晴らしいです、バグース。
夢の作品です。
タムロンのマクロフォトコンのグランプリ、
狙いましょう。
2013-02-16 Sat 08:48 | URL | アラック #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
■ れすですれすです。
おっしゃる通り、ポートにくっつく勢いでした!^^
冗談言わないでください、これではとても狙えないですよ。笑
でもありがとうございます。
2013-02-19 Tue 00:43 | URL | きんすけ #3/VKSDZ2[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | マメマクラの記憶2 |